170422U13〜15TRMvs都立武蔵高校附属中

クラブアトレチコIPD中学生は、本日九段尽性園Gにて練習試合を行いました。

試合前

今日は、土曜日の学校授業や行事がある選手が多く参加人数は少なかったのですがCY選手権に向けての練習試合を行いました。

準備

ウォーミングアップは、相手選手の数名も合流し、共に行いました。
顔を合わせたばかりの選手と積極的に話しかけられるか、それとも
消極的なままになってしまうのか、コミュニケーション能力が試される瞬間でしたが、そういう時こそ自ら行動を起こして欲しいと思いました。

流れ

試合は、25分×4本を1人審判制で行いました。結果は、
1本目 1-1(得点:武蔵中選手)
2本目 2-2(得点:リンタロウ×2)
3本目 1-1(得点:リンタロウ)
4本目 1-1(得点:リンタロウ)
となりました。
参加メンバーの都合上、ポジションが本来とは違う選手が大勢いたのですが、今日は
GKリンタロウがFWとして出場して大活躍でした。4本合計で同点だったので最後はPK戦を
行いました。
PK戦は、全員蹴って合計で
勝敗を決める変則的な方法で
行いました。結果は、9-7で勝利。
この勝利をCY選手権・Tリーグに繋げていきたいです。

170416U10TRMvs金富・中野しんやま

来週にまで迫った4年生フェアプレーカップ。今日は、その前哨戦として、三つ巴の練習試合を行いました。

チーム

自分たちで試合に臨むにあたってのトレーニング内容を考え、質を高めるために皆声を掛け合っていました。
普段は集中までに時間がかかる選手も、士気を上げて練習に取り組んでいる姿が印象的で、試合への期待は高まりました。

チャレンジ

攻撃と守備の基本的な方針は、日頃の練習成果もあり、試合前のミーティングでよく確認されていたと思います。
今回は、相手のディフェンスラインの裏を積極的に狙うことを目標に掲げました。
ボールホルダーは、パスの出しどころへのこだわりを持ち、ボールを受け取る選手は運動量を保ちながらバイタルエリアにタイミングよく走り込むことができるか、というのが判断基準となります。

試合

相手は、同じアシストグループのFC中野しんやまと、金富SC。
第1試合の対しんやま戦。序盤からトップやサイドハーフの選手がアグレッシブな姿勢を見せ、良い試合運びができました。
次に、金富戦。金富の4年生は縦横の素早い連動による攻撃が武器で、こちらの中盤ラインはなかなか捕まえきれず、ディフェンスラインまで崩されることが続きました。
ルーズボールを出ながら奪うことや、門を閉じるといった基本的なことも出遅れてしまうような猛攻に苦しめられました。
しかし、中には、ルーズボールをしっかり奪いに行けるよう予測を立てて、そのまま自ら点をもぎ取るような選手もいました。
ただ、全員が全員、そのように戦えたわけではなく、やはり全試合を通じて押され気味の展開が続くことになり、雰囲気も盛り返すことができませんでした。

オフ・ザ・ピッチも含めて

今回は試合に出られる選手、あまり出られない選手に結構な差が出ました。
コーチたちとしては頑張っている選手は、頑張っている分に応じて出場するべきだと思っています。
が、仲間が試合をしている最中のベンチでの過ごし方、試合中の頑張り、ウォーミングアップや帰りの支度など、様々な面で少しがっかりすることがありました。
最後に話したことを今一度思い出し、今後の練習に臨んでほしいと願っています。

サポーターの皆様

日照りが強い中、ご声援をいただきましてまことにありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

170416U13〜15CY選手権vsスポルティング品川

クラブアトレチコ新宿IPD中学生は、CY選手権を都立産業技術高専品川キャンパスにて行いました。

試合前

ミーティングでは、先週の公式戦を振り返り、現在チームで何に一番改善が必要なのかを話し合いました。
現状では、『一生懸命プレーをする』『ハードワークを怠らない』といったメンタル面が一番欠けているので、今日の試合では先ず戦う姿勢を見せよう!と話しました。

準備

ウォーミングアップでは、競り合いの準備として2人でヘディング対決をしました。
また、パス&コンやシュート練習も行いました。

流れ

前半

開始直後に失点、数分後に再度失点と、ゲームプランが早々に崩れてしまいました。
その後、約30分間は無失点だったことを考えると、試合の立ち上がりに集中力が欠けていることは明らかでした。

後半

ゲームプランが崩れたこともあり、後半は戦い方を変えて挑みました。
後半も早い時間帯に失点を喫しましたが、町田が執念でゴールを奪いました。

次節に向けて

後半は前半に見れなかった『戦う姿勢』という部分では、明らかに改善したので、次の試合では試合開始から見せて欲しいと思います。

金田杯組み合わせ

クラブアトレチコ新宿I.P.D.小学生(3・4年生)が出場します金田杯の組み合わせが決定しました。
4月30日@戸山グランドにて開幕です!
(以降5/5・6日予定)

【4年生】
(グループA)
FC WASEDAデール
クラブアトレチコ新宿I.P.D.
SKFC
FC OCHISAN
落一・五・六

【3年生】
(グループB)
クラブアトレチコ新宿I.P.D.
落六プルチーニ
FCとんぼ
シクス
淀橋FC

2017年度新宿区大会 予定

新宿区少年サッカー連盟より、2017年度活動予定が発信されました。
クラブアトレチコ新宿I.P.D.小学生が関わる予定となります。

出場する大会・一試合・一蹴りを大事に、結果はもちろん、過程経験も大事にして行こう!!

170409U13〜15Tリーグvs学習院

クラブアトレチコ新宿I.P.D.4/9(日)のTリーグは、降雨の中での試合になりました。

試合前

ミーティングでは、戦い方の共通認識の確認、また目標設定も行いました。
今季の公式戦では明らかに失点が多いので、先ずは失点されないようにしよう
と話しました。

準備

ウォーミングアップでは、球際の激しさを意識するために対人練習を多めに行いました。
またシュート練習も入念に行い、シュートの意識を高めるようにしました。

流れ

試合前半の序盤はやや押されつつもGKの好セーブもあり、失点されませんでした。
しかし、一瞬守備があまくなった瞬間相手に裏を取られ、GKとの1対1を決められてしまいました。
追加点を取られ前半を0―2で折り返すと、後半は一転集中力が途切れ連続で失点し敗戦となりました。

どう捉えるか・消化するか・昇華するか

今日の試合は、引いて守って消極的に戦うよりも、積極的にボールを奪いに行った中での敗戦でありネガティブに考える必要はないと、個人的には考えます。
自発的か・出来る全力が尽くせたか・振り返り何を学び取るか次に活かすか
物事の分岐点を、選手たちともきちんと整理しながら進んでいこうと思います。
次節は勝点を取れるように全員で頑張ります。

170409U9〜11TRMvsSKFC

クラブアトレチコ新宿IPD3-5年生は、四谷小学校にてSKFCとの練習試合を行いました。
2時間という短いあいだ、また、雨が降りしきる中、4年生大会に向けて充実した時間を過ごせたと思います。

試合に向け

ミーティング

試合前に確認したことは、守備と攻撃の基本的な方針です。つまり、前に出ながらルーズボールを奪うこと、そして、幅を広くとることで相手のディフェンス間距離を拡げ、その隙間を積極的に狙っていくということです。

ウォーミングアップ

ウォーミングも、あえてコーチたちは見守るという姿勢に徹しましたが、新年度最初の練習試合ということもあってか、雰囲気も良く、そのまま試合にスムーズに移行することができました。5年生中心に、よく盛り上げ、チーム一丸を創れたと思います。

試合

サッカーのベース

サッカーのベースとなる守備については、特にセンターバックを務めてくれた選手や、サイドハーフの選手を中心に、ルーズボールを逃すまいとする姿勢や、タイミングを逸して相手にボールを渡しても、前に進ませないようにする粘り強さを見せてくれました。相手の得点源がほぼミドル〜ロングシュートだったのは、頑強な守備の証だと思います。

奪えて初めて攻撃

攻撃についても、サイドバックの選手が積極的にオーバーラップにトライし、最終的には毎回のようにコーナースペースに進入することができるようになりました。そこからの打開は、例えばワンツーパスや、ひとりドリブルで切り込むなど、多彩さがあり観ている人たちとしても心躍るものだったのではないでしょうか。また、トップを多く任されることになった選手は、人一倍攻撃的な姿勢を見せてくれました。
伸ばしながらというテーマを良く実践出来たと思います。

一番の成果

今回なにより良かったことは、出場した選手の誰もが自分の持ち味を生かしながら懸命に走ってくれたことだと思います。
技術や体格の差を補えるくらいのチーム一丸が作り上げられたのは、新年度を始めるにあたり、とても喜ばしく頼もしいです。
大会まではまだいくらか時間はありますが、各々後悔を残すことがないように、今年度も頑張っていきましょう!

170408本格始動

クラブアトレチコ新宿IPDも、本日から2017年度本格始動です!

スタート

新年度・新学年初めての練習は、新宿区立四谷小学校でスタートです!

ゲーム

各カテゴリー、思い切りゲームに取り組みました!
今年度も、サッカーが成長し、サッカーで成長する!中身の濃いー1年にして行こう!

サポーターの皆様

いつもご声援・お見守り頂きありがとうございます。
今年度も、どうぞよろしくお願い致します。

170406U13〜15TRMvs杉並FC

4/6(木)
クラブアトレチコ新宿I.P.D.は、週末の公式戦にむけfiscoフットサルアレナ豊島園(練馬区)にて、練習試合を行いました。
練習試合と言いつつも、実際はフットサルでの試合になりました。

試合前

ミーティングでは、合宿での活動を振り返りながら試合の戦い方や共有したいことを話し合いました。

準備

ウォーミングアップの時間が少なかったので、パス&コンショートダッシュが中心でした。

流れ

試合は6人制で時間は7分。順番に交代しながら行いました。
最後の20分はフットサルコートを2面使い、9人制で行いました。

成果

ミーティングで話したいくつかの戦い方をトライしてみて、出来る事や難しい事、またやらなければならない事など、公式戦に向けて良い機会になりました。

課題

一つ言える事は、一人一人がボールを奪うスキルをもっと高めなければいけないということです。
サッカーにおいて、このスキルが高まればチーム力は確実に強くなるので、まずは優先的に強化したいと思います。

週末に向け

週末の試合は、勝ち点が取れるように頑張りましょう。

170331檜原合宿8

クラブアトレチコ新宿IPD檜原合宿も最終日となりました。


朝の散歩では、宿のすぐ下に流れる渓流まで。
日頃の新宿区・千代田近隣での生活ではなかなか味わえない大自然。
選手たちは、水切り大会を楽しんでいました。

出来たら良い事・やらなきゃならない事

散歩からの帰り道では、最終日となる今日、出発までにやらなきゃならない事を確認しました。
サッカーを始め、物事には「出来たら良い事・やらなきゃならない事」という見方があると思います。
限られた時間内で、やらなきゃならない事をこなし、出来たら良い事でどれだけ質を高めるか。
こんな話も選手たちと共有しました。
朝食後は中学生中心に、食堂・玄関・廊下と、館内の掃除箇所に気付きながら率先してこなしていました。
出発までの時間を有効に使い、とても素晴らしい様子だったと思います。

グランド

昼頃から、生憎の降雨となり非常に気温も低い中、選手たちは良い集中具合で練習にのぞめました。

中学生

今日の練習でも、
『個々のコーディネーション能力の向上』
『止める・蹴るの向上』
を主眼に置きました。
初めて行うトレーニングばかりなので慣れるまで大変だったと思いますが、日々の成長は十分感じました。

小学生

ウォーミングアップで身体を温めた後は、ミニゲームを中心に、目指す攻撃・守備、巧く行かない場面の一工夫を目標にトレーニング。
3日間で大きな変化・成長が見られ、ゲームではとても熱いゲームを繰り広げ、悔しさから涙する選手も。非常に有意義でした。

ジュニアユース新監督から

この合宿では、お互いを知る良い機会となりました。また、皆でチームの明確な目標設定を行いました。
残念ながら合宿は全員参加ではなかったので、意志統一やベクトル合わせは出来ませんでしたが、参加した選手が参加していない
選手に練習内容や学んだ事を伝えてくれればと良いと思います。

最後に

お陰様で、大きなケガ等なく無事に3日間を終える事が出来ました。
送り出して頂きましたサポーターの皆様、ありがとうございました。

小学生

最後の円陣で込み上げてきた涙や、あの熱い想い。コーチも一緒に大きな財産をもらいました。ありがとう。
良く踏ん張ったと思います。
また、グランドで!