181021小学4年生金田杯招待大会vs小金井緑・fcとんぼ・ヴィトーリア目黒【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

寒い日が続き体調管理がよりいっそう大切な季節になりました。

本日は戸山グラウンドにて金田杯が行われました。区の金田杯で勝ち抜いた事で獲得した出場権です。

アトレチコの選手はグラウンドに到着しだい、監督やチームメイトに挨拶をします。

日々の練習の時よりも熱い挨拶で、選手達から試合に臨む気合を感じました。

ウォーミングアップ

スタッフは前審判がある為、代表選手に本日のテーマを伝え、そのテーマにあったウォーミングアップを自分たち行いました。

第1試合

小金井緑さんとの試合を行いました。

内容はアトレチコが優勢で試合を進めることが出来ました。

しかし、フリーキックで1点返されてしまいました。

失点後からチーム内での味方への声掛けが盛り上げる声や指示の声ではなく、喧嘩のような声のかけ方になってしまいました。

試合には勝ちましたが、内容は良いものになったとは到底言えない試合になってしまいました。

試合後

仲間との関わり・チームというものについて話をしました。具体的には、

    「勝ちたいからこその声かけ」は分かっている。ただ、だからこそプラスの感情になる関わりが重要ということ
    「考」の部分で自信が持てないなら何で貢献するか?誰よりも走り闘っているか
    個々は素晴らしい選手で、一人一人好きだが、「チーム」として見たとき、あまり良い選手でも魅力的なチームでもないということ

以上3点を伝えました。

その後は、選手たちを信じ見守ります。

準決勝

第2試合はトンボさんと試合を行いました。トンボさんにはココ最近は勝てていないので、サッカーを楽しむという事に焦点を置いて試合に臨みました。

試合内容は先程の試合の改善点を改善することができたため、良い試合になりました。

お互いに激しい攻撃と守備を繰り返し、とても迫力のある試合となりました。

両チーム無得点のためPK戦となりました。

アトレチコのゴールキーパーがシュートを止めて、見事に勝つことが出来ました。フェイントをかけるなど相手との駆け引きをきちんとやりきったゴールキーパーは、非常に素晴らしかったと思います。

決勝

第3試合はヴィトーリア目黒さんと試合を行いました。前半に1失点してしまい、ハーフタイムを迎えました。

コーチと共に試合に勝てるようにプランををたてました。

後半に作戦がはまり1得点、この同点ゴールは、10月に入ってからより具体的に絞り込んでいた「背後の攻略法」、特に飛び出し要素を巧く活かしたゴールだったと思います。

くさびが入った後の背後の取り方に、非常にダイナミックさと枚数があり、巧くボールを動かしたと思います。ナイスゴール!

延長

両チーム本日3試合目となり、お互い疲労がピークの状態での延長戦となり、もはや意地と意地の戦いとなりました。

疲労に負けず最後まで走りきれたチームが勝つという試合になりました。

延長戦終了間際、最後の最後に声の量や走る量で負けてしまい失点、敗戦となりました。

スペースとしては、右のペナ角、本来ならいるべき選手も、後日会話したところ、切り替え切れなかった事を良く良く分かっていました。次に活かせばそれで良い!

第1試合の「チーム・仲間との関わり」から、第2試合・第3試合は非常に魅力的なチームで在ったと感じます。

一人一人ファイトに溢れたプレーで、「背中で創る説得力」は申し分なかったです。

疲労が大きくなった時、声がかかり合わなかった点は大きな伸びしろを残しています。

    頭の中、心の中は誰にも見えない聞こえないから
    声をかけてより良いポジション、判断、関わりをする事で、質が高く消耗しない戦いが出来るから

気合やメンタル要素ではなく、サッカーの質を高める為には必要な要素です。

準優勝

となりました。

1日で3試合も戦い抜いたアトレチコの選手の頑張りを褒めてあげたいです。この3戦を次に活かし、日々のトレーニングに今後も励みます。

サポーターの皆様

本日は戸山グラウンドに足を運んでいただき、本当にありがとうございます。3試合戦い抜けたのはサポータの皆様のサポートがあったからです。これからも暖かいご声援、よろしくお願いします。

181014中学1年生〜3年生Tリーグvs三鷹中【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

vs三鷹中

@清瀬内山グラウンド

後期を5連勝というなかで迎えた6節は、強豪の三鷹中と対戦しました。

中高一貫校のため、中学3年生が引退しておらずスタメン全員が3年生でした。

ただし、試合が始まってしまえば年齢は関係なく、勝利を追求するのみでした。試合の方は、一進一退の攻防が続く中、前半にビッグチャンスが訪れました。

フォワードの一人が相手の最終ラインの裏を抜け出し、ゴールキーパーと1:1になり決めた!と思った瞬間、ゴールを捉えることが出来ず、前半は0-0で折り返しました。ハーフタイムでは、選手とスタッフがディスカッションを行いました。

「相手のDFラインが嫌がるプレーは?」「相手の陣形を察するとどこに突破出来る穴がある?」などを具体的に話し合いました。後半、立ち上がり早々に想定外の失点をされました。

右サイドで相手のスローインから自分達が簡単に裏を取られしまい、突破を許すとペナルティエリア中央にクロスを上げられ、ヘディングシュートを決められてしまいました。

今までの自分達は、ここで心が折れて連続失点をしてしまうのですがこの日は違いました。

勇猛果敢に相手ゴールへ攻め続け得点を奪いに行きました。

すると、フォワードの一人が相手の右サイドの裏へ抜け出すと対峙したディフェンダーと1:1になり、逃げずに勝負を挑み、そのディフェンダーを交わしてシュートを決めました。

今まで「個での突破」から得点を奪ったことが少なく、この同点が選手達を大いに勇気付けました。同点で満足せず更にアグレッシブに攻め続けると、ハーフタイムで話し合った相手の弱点を突く事が出来、追加点を奪う事が出来ました。

このような逆転劇を演じたことは今までに記憶がなく、選手一人一人の精神的な成長を大きく感じました。

勝つことで得られる喜びの中で、今回の勝利はとても大きな自信になると確信しました。

次節は、優勝を賭けた大一番の清瀬バリアント戦なので、しっかりと準備してチャレンジャー精神で挑みたいと思います。

181008中学1年生〜3年生TリーグvsTCU 【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

T3リーグ後期 第5節

vsTCU

@清瀬内山グラウンド

今節は、選手個々のコンディションがバラバラである中で迎えた一戦となりました。

4節を終えて4連勝と良い流れでここまで来れていますが、どこでつまづくか分からないため、絶対に油断をしないように!と伝えました。

前日の練習試合では、簡単なシュートミスが多過ぎて、ゴールへのイメージを忘れていかのようだったので、試合前は『ペナルティエリア内では、冷静さを保つように!』と伝えました。

前半、その心配は的中しました。

決定的な場面を数回迎えましたが1点しか決めきれず、我慢の試合になりました。

ハーフタイムでは『後ろの選手はイライラせず、前の選手が決めきるのを信じて失点しないよう、集中を切らさないようにして欲しい。』と伝えました。

すると後半早々に追加点が奪え、チームは精神的に余裕が生まれ、その影響もあり更に追加点を奪う事が出来ました。

最初からそのスタンスでプレーが出来ていれば、もっと追加点は取れたと感じました。

しかし、失点は0点だったので選手たちには及第点の内容であった事を伝えました。

次節は、強豪の三鷹中なのでコンディションを更に上げ、修正点を改善して挑みたいと思います。

181007中学1年生〜3年生TRMvsKSCウェルネス・アミーゴ【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

vsKSCウェルネス、アミーゴ

@大原グラウンド

ジュニアユースは、3週間ぶりに対外試合を行いました。

その間、試験休みや雨天中止が続いていたので、先ずはコンディションとゲーム感を戻すことを優先しました。

試合は、25分×1本形式で三つ巴で行いました。当日は、残暑の影響で暑くなり1本行っただけで選手達はとても疲弊しました。

体力が低下すると当然ミスが多くなり守備をする時間が増え更に疲れてしまう悪循環に陥るので、全体的なアドバイスとしてポジショニングの準備を早くして余裕を持ってボールを受けられるようにしよう!と伝えました。

すると本数を重ねるうちに体が動くようになり、イージーミスの回数は減りました。

ただ、ゲーム感は戻っていないのかシュートミスは頻繁に起こりました。

翌日の公式戦で決められるように、ミスの原因を突き詰めて欲しいと思います。

そして、良い雰囲気で試合を迎えて欲しいと思います。

181014小学1年生善行会杯【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

朝夕はめっきりと冷え込むような季節となりましたが、週末の戸山グラウンドでは熱戦が繰り広げられています。

10月14日日曜日、戸山グラウンドでは善行会杯が行われました。

アトレチコ新宿は一年生の部で出場しており、決勝トーナメント進出をかけて予選ラウンド最後の3試合を戦いました。

1試合目

相手は落一ドリームス。

攻撃面では日々練習しているドリブルで前進することをテーマに掲げ臨みました。

選手たちは前半最初から積極的に自分から仕掛けて試合の主導権を握ることができました。その結果前半開始早々一点を先制することができました。

しかし、その後膠着状態が続きました。

守備面ではボールよりも戻って前向きで守備すること、抜かれても粘り強く守備することを掲げました。その結果、後半

1失点したものの2対1で守りきることができました。

2試合目

相手はOCHISAN SC。

1試合目終了後から30分しか空いていなかったのもあり選手交代を多用しましたが、1試合目出ることの出来なかった選手もその日1日のテーマを意識してプレーすることができていました。その結果1対0で勝利することができました。

3試合目

戸山SC。

お互いがグループステージ全勝同士の首位決戦でした。1試合目、2試合を通し浮き彫りとなった相手のマークのつき方という課題を意識しプレーすることを掲げましたが、前半開始早々から失点を重ねてしまいました。

結果的に5失点してしまい敗戦となりましたが、選手たちは試合終了のホイッスルまで諦めずゴールを目指していました。

最後まで諦めないということは高学年になっても、中学生になっても、高校生になってもどのカテゴリーにおいても最重要なことであり、敗戦は惜しかったもののとても貴重な経験ができたことと思います。

最終戦で敗戦したことで2位となってしまったものの、グループステージ通過を決めることができたので、戸山SC戦で経験した悔しさを決勝トーナメントでぶつけられるよう日々の練習を頑張っていきましょう。

善行会杯

では毎週の四谷小学校、南元町公園の練習では得られない体験を選手たちは経験しています。

時間通りに行動すること、荷物の整理、管理をすること、そのために自分の行動だけでなくチームメイトの行動も気にして協力すること。それ以外にもたくさんのことがありますが、選手たちのグループステージの頑張りで決勝トーナメント進出を勝ち取ったことによりそのような貴重な経験をまた得られることになりました。

結果はもちろん前回よりも質の高い行動を送れるよう頑張っていきましょう。

180922小学3年生TRMvs月光原sc・駒沢sc 【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

本日は、目黒区立月光原小学校にてトレーニングマッチを行いました。

練習試合の相手は月光原サッカークラブさんと、世田谷区の駒沢小サッカークラブさんです。

月光原サッカークラブさんは目黒区のチームなので、アトレチコと同じ東京都第7ブロックに所属しています。

ミーティング

チームで行うべきDFの基本を確認しました。

ハーフライン、ディフェンスラインを崩さず、縦と横の距離が間延びしないようコンパクトを保つことは、先週の練習試合でも確認した通りです。

ボールを奪いに行く際は、このコンパクトから予測を経て前に出ながらというのが基本となります。横や後ろに体が移動しながらボールを奪いにいくと、そのプレーは上手くいっていないという判断となります。

試合

3年生は初戦の月光原戦で幸先よく勝利を収めますが、その後の駒沢小戦では体格差やスピード差もあり苦しめられます。

そこで再度、基本方針を確認し、また新たに斜めに進むというチャレンジに取り組むことも決めました。

ドリブルに自信がある選手はまだ多くはないかもしれません。ですがそういう状況の中で少なくない選手が斜めの前進を心掛けることができました。

ドリブルの苦手な選手は、斜めの前進と同じ結果を出すためにはどうするか、考えてもらうことにしました。

すると、チームプレーでの打開に気付けた選手は、試合中にも積極的に連係プレーを引き出そうと周りの選手に声掛けができるようになっていました。

今日の相手は4年生でしたが、みんなの頑張りが結実し両チーム相手に勝ち越すことができました。

次の大会はしばらくお預けですが、着実に練習を重ねレベルアップができると良いですね。

サポーターの皆様

本日も遠方まで足をお運びいただきましてありがとうございました。

次回も選手たちへの温かいご声援とお見守りを、よろしくお願いいたします。

180917中学1年生〜3年生Tリーグvs国分寺五中【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

T3リーグ後期第4節は、済美山運動場で行われました

済美山運動場は天然芝のグラウンドで、公式戦を天然芝のグラウンドで出来る素晴らしい環境となりました。

昨日の東京小山FC戦は、緊張感が有り気持ちも引き締まり良い試合だったので、今日の試合も同じ緊張感を持てるかどうか試されました。

キックオフ直後から相手のボールを前線で奪いに行きショートカウンターを狙いましたが細かなミスが続き、なかなか得点を奪う事が出来ませんでした。

細かく観察すると、所々で余裕を持ちすぎて一人一人がボールを持つ時間が長くなり展開が遅く突破出来ない状況が何回も有りました。

また油断をするような選手も居て内容的には前半の出来は良くありませんでした。

ハーフタイムでそれらの問題になる『気持ちの持ち方』を入れ替えるように指示をしてピッチに送り出しました。

すると後半だけで13点の得点と怒濤の攻撃を見せてくれました。

試合後、選手達に『コーチにサッカーをやらされないように、主体的に取り組んで欲しい』と伝えました。

昨日の試合、また今日の後半の様な戦い方を継続してそのような状態が急成長につながるので、慢心しないで精進して欲しいと思います。

なお、4連勝出来たので残りも全勝して是非リーグ優勝を成し遂げたいと思います。

180916中学1年生〜3年生Tリーグvs東京小山【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

T3リーグ後期第3節は、尽性園グラウンドで行われました。

当日は、残暑で大変暑くなりました。

相手の東京小山FCは昨年度のU-14大会2次リーグで対戦して、その時は1-0の辛勝でした。

また、今年度はクラブユース選手権東京都予選ではトーナメント戦で上位まで進出して結果を残し好調でした。

昨年度以来の対戦という事で、相手はリベンジを考えていると察するので、それを跳ね返すメンタル的な強さが必要とされました。

試合

前半から守備ブロックの高さを通常通りに設定して行いました。

相手にポゼッションされる時間帯が多かったので、フラストレーションは高まりましたがほぼ決定機を作らせませんでした。

逆に自分たちは前半に2度の決定機を作りましたが決めきることが出来ず0-0で折り返しました。

戦い方は統一出来ているので後半も同様にスタートしました。

しっかり決定機を決めれば勝機は訪れると考えていた矢先にチャンスは来ました。

左SHからニアへのクロスをCFがヘディングで相手GKの頭上を越える技ありシュートを決めて先制しました。その後は相手の攻撃を受けてピンチも有りましたが得点を許さず時間が経過すると、残り15分頃に相手のGKへのバックパスをCFがチェイシングすると、相手DFがパス回しの最中にハンドをしてしまいPKを得る。そしてCFがPKを綺麗に右隅に決めて2点リード。リードしている時の試合の終わらせ方に今まで課題が有り、何回か追いつかれたり逆転をされてしまう苦い思い出があるので、今日は必死に守り抜きました。

そして、ついにタイムアップになり強豪相手に勝利をすることが出来ました。緊張感が有りとても良い試合でした。今日の試合中の様な気持ちで普段から練習に取り組めば、成長速度も早くなるので忘れないで欲しいと思います。

180916小学3年生〜4年生TRMvs杉並FC 【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

3連休の中日、3・4年生は四谷小学校でアトレチコと同じアシストグループの杉並FC(SFC)との練習試合を行いました。

4年生は前日の5年生大会に続き、二日連続の試合となりましたね。金田杯招待大会も見据え、よりいっそう頑張っていきましょう。

今日の試合

でチャレンジしたいポイントについて確認しました。

守備の陣形について、ハーフラインとディフェンスラインでそれぞれ横並びになり2枚壁を作ること、そして壁どうしの距離は相手からのパスが通らないように保つこと、この2点を確認しました。

そして、前に出ながらボールを奪いにいくためには、壁から千切れて出ていく必要もあります。このタイミングは、試合形式の練習のなかで徐々に身に付いていくものかと思いますので、ぜひ練習試合を生かしてチャレンジしていってほしいです。

ウォーミングアップ

こちらも、自分たちで取り組んでもらいました。パスコントロールももちろん大切ですが、相手とぶつかるトレーニングや、ボールをヘディングで跳ね返すトレーニングなど、試合前にするとよいメニューについても考える機会ができました。

今後の試合でも折に触れて思い出してもらえることを期待しています。

3・4年生ともに危なげなく、特に3年生は多くの選手がコミュニケーションを取ろうと頑張ることができ、とても頼もしく感じました。

試合は15分1本を10本行いましたが、失点は1点のみにとどまり、スコアだけを見てもとても実り豊かな一日にすることができたと思います。

サポーターの皆様

この3連休も選手たちへのご声援ありがとうございました。秋めいてきて、寒暖の差が激しい日もありますがどうかご自愛ください。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

180917小学1年生善行会杯vs新宿FC・FC WASEDA 【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

本日は待ちに待った善行会杯初戦を迎えることができました。

土曜日は雨で延期となりましたが、今日は気持ちの良い晴天に恵まれました。ほとんどの1年生にとってははじめての大会で、中には「緊張する……」とつぶやく選手もおり、ほほえましかったです。

まず

みんなでフットサルのルールを確認しました。

特に、毎年のように先輩たちも悩まされたキックイン。蹴るときはコーナースペース目掛けて蹴る、それをみんなで追いかける。足はグラウンドに入らないように、つま先で強く蹴る。そして、4秒以内に蹴る。コーナーキックも同様です。そして、フットサルにはゴールキックがありません。ゴールスローももちろん4秒以内に、サイドスペース目掛けてできるだけ高く投げること。

誰もがゴールキーパーになる可能性があるので、みんなしっかり覚えておいてください。

戦術については難しいことはありません。まず、守備時はボールより前に必ず戻ること、そして攻撃時はボールを追い越すようしっかり走ること、この2点のみです。みんなよく理解して取り組んでくれました。

第1試合目

新宿FC戦は、ほとんど一方的に攻めることができましたが、相手のゴールキーパーがすばらしいセーブを見せ、得点は1点のみとなりました。ただ、とにかく勝つことができましたね。選手たちの喜びも一入のようでした。

第2試合目

FC WASEDA戦。

最初のうちは、一進一退が続き手に汗握る展開が続いたかと思います。守備時にはボールより戻ること、この原則が危うくなっていることもありました。とにかくボールより戻る。そして何よりボールを奪いに行かなくてはなりません。

ハーフタイムの際には、このボールの奪い方について入念に確認しました。

多くの人が、ボールを足で突っつこうとします。そうではなくて、まず体(腰)をぶつけることが大事だということを確認しました。

後半では、手で押してしまうような惜しい場面も見られましたが、とにかくこの体をぶつけるということに選手たちがチャレンジし、取り組めるようになったことが何より大切な成長だったと思います。

1回で出来る必要はまったくありません。大会を通じて皆が自分なりの成長を遂げられればいいなと期待しています。

サポーターの皆様

今回は、本部当番やコートへの選手誘導など、サポーターの皆さまにはこれまで以上にご協力いただきました。

まことにありがとうございます。

試合の中で、なるべく多くの選手にチャレンジの機会を確保してあげたいとは考えておりますが、練習の参加時間や取り組み状況、当日の調子などにより、選手たちの出場時間が変わってきてしまいます。

戦況等、多くの変数がある状況ですので、ご期待にそえていないことがあるかもしれません。

大会を通じて、すべての選手がよりサッカー選手として、またひとりの人間として育ってくれるよう努めていきますので、アトレチコの選手たち全員への変わらぬご声援をいただければと思います。

次節は10月に入ってから、FC OCHISANさんと落一小ドリームスさんとの試合になります。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。