常変化の3要素

190210小4〜6ライオンズ杯vs落一ドリームス

皆さんこんにちは。東京に今シーズン一の寒波が来ている中、第37回ライオンズ旗争奪大会高学年の部予選ブロック第2節が戸山グラウンドにて行われました。

相手は

落一ドリームスさん。

前日の予選ブロック初戦で引き分けているため負けられない試合となりました。

この寒さの中でも試合開始と同時にピークのパフォーマンスを出せるよう、いつもよりも更に入念にウォーミングアップをしました。

常変の要素(ピッチコンディション)

u-12の試合では、戸山グラウンドは通常2面に分けて試合をしますが、ライオンズ杯では全面を使って一面のグラウンドで試合をします。

裏のスペースを有効に使えるような動き出しのタイミング、ボールの運び方を再度確認して試合に臨みました。

その結果前半開始からアトレチコが試合のペースを握ることができました。

前線のターゲットへの縦パス、それに呼応して周りの選手が裏に抜け出す、相手よりも先にこぼれ玉を拾うということが意識できていたように思います。そのパターンからフォワードの選手が2得点を奪うことができました。

しかしそれと同時に課題も大いに見えていきました。

常変の要素(相手の対応)

前半はディフェンスラインを高く設定していた相手ですが、後半からはアトレチコの戦い方を警戒しディフェンスラインが明らかに低くなりました。そこで空いてくるのが中盤のスペースであり、そこでボールを保持すればさらに自分たちのペースで試合をすることができます。

しかし、そこで焦ってフリーにも関わらずマークの付いている味方にパスをしてしまったり、来たボールをワンタッチで相手の裏に蹴り返してしまったりと判断の伴わないミスが数多く見られました。

サッカーは試合前ミーティング等で戦い方を確認しますが、相手がやり方を変えてきたり上手くいかなくなったりするときは、ピッチの中の選手が考えて自分たちの戦い方を変えなければいけません。

今日の試合で強くそれを実感できたと思います。

常変の要素(自身のコンディション)

そしてまた、3つ目の要素として自身のコンディションがあげられます。

身体が重い軽い、ボールが止まる止まらない、寝不足・病み上がり、様々なコンディションでも、チームの一員としてその時出来るベストパフォーマンスを発揮する。

「その為には、今日はどんなプレーを創ろうか・・・」、こんな発想も必要です。

この3つの変化は、1ゲームの中でもめまぐるしく変わります。

その変化に臨機応変に

  • 対応する=守備
  • 逆をつく=攻撃

です。

この3要素を磨くことが、「実力をつける」という事だと、アトレチコでは考えています。

これからまた続く

ライオンズ杯や、日々の練習で本日上手くいかなかったことを修正していきましょう。

これからも寒い日が続きますが、体調管理を徹底して、全員で。ライオンズ杯勝ち上がっていきましょう!

決勝の舞台

190210中学1年生〜3年生善行会杯決勝vs早稲田中学校

本日は、落合中央公園にて、早稲田中学校と善行会杯の決勝を行いました。

勝てば優勝が決まる中、選手達のモチベーションはかなり高いように感じました。

集合の様子

緊張からか到着時間より少し早く到着している選手が多く見られました。

しかし、早く到着して時間を無駄にするのではなく、早く集合した選手同士で本日の試合の展開や戦い方を共有していました。

アトレチコで長くサッカーをしている選手は、サッカーへのスイッチに切り替わる瞬間が試合前ではなく既に集合した瞬間からスイッチが切り替わっています。

このように何事にも素早くスイッチを切り替えることが出来るという事は、サッカー以外の面でも活きていくと思います。

中学生になると、高校受験という大きな壁にぶつかります。

その時にサッカーと勉強を切り替えて出来るという事はとても大切になってきます。アトレチコでは切り替えという事を大切にしているため、多くの選手が実践していい結果を残しています。

アップ

プレッシャーの質や、シュートへの意識づけを行いました。特に小学6年生(新中1)は普段より大きなボール、大きなグラウンド、大きなゴールに戸惑う事もあると思いますが、ウォーミングアップで細かい調整をしていました。

これから新中1として小学校の時とガラッと環境が変わります。

上記のようにグラウンド面だけでなく、人数も8人制から11人制になります。この大会で新しい歓喜に慣れて、スムーズに中学サッカーに望んで欲しいと思います。

試合内容

アトレチコは自分より体格が大きい選手に対して積極的にプレーをする事が出来ませんでした。

プレスに行く場面、体を当てて競り合いをする場面、体を張るシーンにおいてほぼ全て負けてしまいました。

まだ小学生だからという事は関係ありません。

小学生でもこの試合に出場している以上は選手として責任も持って望んで欲しいと思います。

しかし、よく頑張っていたという事も感じました。体格差があるなか、よく相手にくらいついていた印象も受けました。最後まで諦めない様子は見られたので次に繋がる試合ではあったと思います。

結果としては負けてしまい、準優勝となりましたが、よく頑張ったと思います。

新チームとしてとても楽しみだと感じました。

保護者の皆様

本日も暖かいご声援のほど、ありがとうございました。

小学生から中学生へと進学しても、変わらず応援のほど、よろしくお願い致します。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

ライオンズ1部開幕戦!

190210小学4年生〜6年生ライオンズ杯vsシクス

本日は戸山グラウンドでライオンズ杯の予選が行われました。お相手はシクスさんでした。

前日の雪

の影響でグラウンドのコンディションが悪い中6年生にとっては、小学最後の大会ということでいつにもなく気合いが入っていました。 11人制ということでSJとはピッチの大きさも異なり、いつもより広い環境でプレーをすることになりました。

また、受験で長らくグランドを離れていた仲間も復帰し、コーチ陣共々、非常に嬉しいスタートとなりました。

アップ熱量をあげ試合に挑みました。

試合

前半は、相手に主導権を握られる展開になりました。ピンチのシーンが多く続きましたが耐え抜き、そこからカウンターをしチャンスを作ることができました。

ですが決め切れることができず前半は無得点で終わりました。

ハーフタイムでは、改めてチームが狙うことを確認したり、DFラインとMF間の距離感が空いているから攻撃が一度で終わってしまっていることを伝えセカンドボールを拾っていこうと伝えました。

後半は、策がはまり徐々にアトレチコ新宿が試合を支配できるようになりました。

何度も決定的なチャンスがありましたが決め切ることが出来ず、結果引き分けで終わりました。

次節もあるのでしっかりと準備をしていきましょう。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

1〜2年生頑張った!

190203小1〜2 7ブロック2年生夢フェスティバル

本日は、戸山グラウンドで1.2年生を対象に夢フェスが行われました。

夢フェスとは7ブロックのチームと交流することを目的としたイベントで新宿区はもちろん7ブロックに所属しているチームが参加しました。

午前

全チームでトレーニングを行いました。

他のチームの選手と交流する機会でしたが最初は、緊張からかなかなか他のチームと交流することができませんでしたが徐々に他のチームの選手とも交流をすることができました。

後半

各チーム交流戦です!

全部で3試合行いました。1試合目から積極的にプレッシャーをかけたことによりペースは掴んだもののなかなか決め切ることができませんでした。

カウンターからのピンチのシーンもありましたが踏ん張ることができました。お互いゴールを決めきれず引き分けで終わりました。

2試合目も積極的にプレッシャーをかけたお陰で先制点を決めることができました。

ですが気を抜いた瞬間に失点をしてしまいました。そのまま試合は動かず引き分けで終わりました。

最後の試合では、相手がボールをしっかり蹴れるということもありしっかりと攻撃を跳ね返されチャンスを掴むことができませんでしたがカウンターで点を取ることができました。

ですが相手の勢いに飲まれ失点を重ねてしまい初の黒星となりました。

これから大会や練習試合が増えていくのでしっかりとトレーニングに参加しレベルアップして行きましょう。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコバニーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

ライオンズ最終節

190202小学3年生ライオンズ杯vs落一ドリームス

この日はとても天気が良く、選手の気持ちも晴れていました。

ウォーミングアップ

選手が自ら自主的に行いました。

3年生ながら自分たちで集合をしてメニューを考え、アップをする。普通の3年生ではなかなか難しいと思います。

しかし、アトレチコでは自分たちで出来ることは自分たちでやるという事を大切にしています。

選手一人一人が今自分は何をするべきなのか、チーム一丸とはどのような事なのかを考えながら行動する事ができます。

この事はサッカー面だけではなく生活面でも活かすことが出来ると思います。アトレチコではサッカーの技術だけではなく、仲間との絆や自分の事は自分で出来るという事を学ぶことができます。

試合内容

前半は自分達より一回り大きい相手選手が多く、なかなか積極的にプレーをして試合の主導権を握るという事は難しい展開となってしまい、失点をしてしまいました。

ハーフタイム、選手はコーチ陣の周りに集まりミーティングを行いました。

後半、メンバーやポジションを変更しながら戦いました。その結果、1点返すことが出来ました。

結果としては1対1のドローとなりましたが、得た事はとても大きい試合となりました。

リーグで敗退してしまったため、ライオンズ杯は終わってしまいましたが、この経験をぜひ次に活かして欲しいと思います。

どんな相手に対しても積極的にプレーをする、前半から主導権を掴む、主導権を掴むためにはどのようにしたら良いのか、今回学んだことは絶対に今後活きてきます。

学んだことを忘れず、ひとつでも多くの勝利を掴めるよう、コーチ陣も日々精進していきます。

サポーターの皆様

本日も暖かいご声援のほど、ありがとうございました。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコバニーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

低学年練習試合!

190127小学1年生〜2年生TRMvs中野しんやま

こんにちは。

早くも1月が終わろうとしており、まさに光陰矢の如し、です。時間の流れの速さとともに、選手たちの日々の成長の速さにも驚くばかりです。

さて、今日は四谷小学校にて、1年生にとっては久しぶりの(?)練習試合が行われました。相手は、アトレチコと同じアシストグループのFC中野しんやまさんでした。お相手のコーチからは、かなり強い年代と聞いていたので、コーチとしても少し緊張していましたが、最終的には実りある練習試合を過ごせたのではないかと思います。

小学生

とりわけ低学年では、サッカーの基礎の基礎を練習することが言うまでもなく大事なことです。

それはサッカーに限らず、体を動かす=運動するという、人生をさらに豊かにしてくれる可能性を秘めた行為の準備としても大切だと、最近強く感じています。

哲学の立場

介護や医療について著作をお書きになっている伊藤亜紗さんが、ただスポーツを漫然とやって、単なる体力・能力比べとなっている現状の体育教育に対して「体育とは、自分の身体がどのように動くのかということへの自覚を強めたり、他人の身体にどのように触れればいいのかということを学んだりする機会になる」という独自の考えを語っていらっしゃるのを読みました。

特に、サッカーのようなスポーツでは、相手選手とぶつかることが少なくありません。

では、危険だからやめよう、となれば、サッカーの意義自体が失われることになりかねません。

どのタイミングでスタートダッシュを切れば、相手より早くボールが触れるのか、ボールを持っている相手選手とボールとの間に体を入れられるのか、どうやって相手選手に体を寄せれば、ボールを奪えるのか。

そういう問いを持ちながらも、実際に体を動かせるようになること自体は、長い時間を通じて獲得される面もあるでしょうが、やはり小さい時の方がより身に付きやすい、ということは経験的に知られていることかと思います。

(まるで後付けで恐縮ですが)以上のようなことを考えたときに、今日は多くの選手が自分の体の動かし方を試せたのではないでしょうか。

自分の足の早さを生かして、一目散にゴールに向かえた選手。相手選手から果敢にボールを奪おうとした体の大きな選手。

技術にはまだ自信がないけれど、空いたスペースを利用しようと動けた選手。

選手各人が、自分の強みを生かしてプレーできていたことが、コーチとしてもとても嬉しかったです。

初めて体験

に来てくれた選手も、みんなのやる気に引き付けられて、最後の方には積極的に出場したいとの意欲を示してくれたり、実際フィールドでよく戦ってくれたりしました。

2年生になると、8人制の試合が一挙に増えます。来年度に向けて、とても良い日が過ごせたのではないかと考えています。

サポーターの皆さま

本日も寒い中選手たちの送迎や応援、ありがとうございました。インフルエンザがかなり流行っているようですが、どうぞお気を付けください。今後ともよろしくお願いいたします。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコバニーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

準決勝PK戦を制す!

190126小学6年生〜中学3年生善行会杯準決勝vs志村四中

本日は、落合中央公園で、志村第四中学校と善行会杯の準決勝を行いました。

勝てば決勝進出が決まる中選手達のモチベーションはかなり高かったです。

アップ

プレッシャーの質や、シュートへの意識づけを行いました。今回、新中1となる選手が多い中戦いに挑みました。

前半

アトレチコ新宿がチャンスを多く作ることができましたが、決めきることができませんでした。選手達も集中しており、失点することなく前半を終えました。

後半

選手達の集中は切れることなくチャンスを作るもののなかなか決めきることができませんでした。0-0のまま緊張感が続く試合運びになりました。結局0-0のままPK戦に挑むことになりました。

PK戦

ベンチでも全員で肩を組みサッカー日本代表を彷彿とさせるようなチームワークを見せました。結果は、4-2で勝利することができました。決勝は、2月10日。優勝できるようしっかりとトレーニングを積んでいきましょう!

本日も応援ありがとうございました。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコバニーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

ライオンズ2部

190127小学3年生ライオンズ杯 予選リーグ

0-3 vs. FC WASEDA Maru

1月27日、戸山グラウンドにて、新宿区ライオンズ杯(2部)が行われました。

先週に引き続き、アトレチコ U-9 は予選リーグを戦いました。

当日は寒波の影響からか、朝から冷え込んだ気候となり、日陰にいると体を動かさずにはいられないような寒さでした。

先週はインフルエンザで休んでいた選手も復帰しましたので、ウォーミングアップでは、試合に向けてみんなで声を掛け合いながら、ボルテージを高めていきました。

先週の2試合

改善点としていた「球際の強さ」がどれだけできるようになったか、成長度合いを計るいい機会でしたが、この日はなかなかルーズボールの競り合いを制することができず、試合の主導権を握ることができません。

体格に勝る相手のサイドの選手に対して競り合いの最初の1歩が遅れたり、もう1歩懐深く詰め切れなかったり、クリアする際のタイミングが掴めなかったりと、守備が後手に回ってしまい、ピンチを防ぎきることができなかった試合でした。

攻撃では、少なからずも決定的チャンスがありましたが、最後のひと蹴り、シュートがふにゃふにゃに終わってしまい、詰めの甘さが出てしまいました。

決めていれば試合の流れを変えられていたかもしれないと思いうと、悔しさが残ります。

本日予定していたもう1試合は、対戦相手のチームがインフルエンザの影響で、次週に延期となりました。

今日の悔しさをバネに、次戦こそ勝利を掴めるよう、頑張っていきましょう。

サポーターの皆さま

くれぐれも体調管理には十分お気を付けください。

本日もご声援いただき、ありがとうございました。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコバニーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

蹴る質

190119中1~3TRMvs都立武蔵高校附属中

ジュニアユースは、久しぶりにトレーニングマッチを行いました。

対戦相手は、都立武蔵高校附属中学校で以前から何回も対戦をさせて頂いている中学校の部活動のチームです。

当日は、25分×4本を行いました。

試合の目的

『コンディションを向上させる』と『プレッシャーがある中での止める・蹴るのスキルを高める』です。

試合は拮抗する内容が続きましたが、久しぶりの試合という事もありゲーム感が戻っていないような選手が多くいました。

そのため、攻守にわたり適切なポジショニングが取れない選手を多く見受けました。

この点については、インシーズンに向けて試合をこなせば徐々に感覚を取り戻せると思います。

なお、心配な点が『止める・蹴る』です。以前からキックの重要性は選手に伝えてきましたが、「カーブがかからないインサイドキック」と「強いライナー性のインステップキックが出来ない」選手が殆どです。

つまり、ボールを捉える感覚をつかみきれていない・・ということになります。

サッカーでは「狙った所にボールを蹴れる」という一見シンプルな事ですがそれがとても大事で、その連続した動作で相手ゴールを攻めなければなりません。

その質が低ければゴールを奪う確率は低いし、蹴る質が高ければゴールを奪える確率は高くなります。

自チームでの現状は、キックの質に課題が残る事が多いから今までもゴールを奪える回数が少なかったので、プレシーズン中に日々しっかりとトレーニングを積んで少しでも向上して欲しいと思います。

球際の1歩が勝負を分かつ

190120小3ライオンズ杯 2部 予選リーグ

【予選リーグ】

① 0-2 vs. SKFC

② 1-0 vs. 新宿FCホワイツ

1月20日、戸山グラウンドにて、新宿区ライオンズ杯が行われました。

アトレチコ U-9 は2部(4年生以下の部)に出場しています。

本日は、予選リーグ2試合を戦いました。

1試合目のSK戦

予想はしていましたが、パワーとスピードに勝る4年生相手に苦戦を強いられる展開となりました。

2週間前の大会では引き分けた相手でしたが、今回は押し切られてしまいました。

それでも、数少ないカウンターチャンスでゴールに迫るなど、継続してきた相手の背後を狙うプレー姿勢が増えたことは、選手の成長を感じる瞬間でした。

2試合目の新宿戦

1試合目で浮き彫りとなった、球際の強さにこだわろうと意識して臨みました。

相手にボールを持たれても、前を向かせず自由にプレーさせないこと、ルーズボールを相手がコントロールしそうでも、もう1歩踏み込んで強く当たること。

全体を通して集中力を高く保てたこの試合は、良い守備から良い攻撃へとつながるシーンが多く現れました。

前線からのハイプレスも継続し、先制することに成功します。

終盤は相手の猛攻に苦しめられましたが、最後まで集中を切らさず、GKのビッグセーブもあり、逃げ切って勝利することができました。

次戦も、相手が上の学年であってもひるまず、勝利を掴みに行きたいと思います。

予選リーグ残り2試合は次週、同じく戸山グラウンドにて行われる予定です。

本日もご声援いただき、ありがとうございました。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコバニーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング