180217小学3年生ライオンズ杯vsシクス・WASEDA【東京都・新宿区・小学生・サッカー・大会】

この日は、ライオンズが戸山グラウンドにて開催されました。本日の試合の結果によっては、グループ1位で突破する事ができるので、選手は緊張した様子でした。

テーマ

守備

①ルックアップを奪う←ファーストの蓋の速さ②前に出ながら奪い切る←パスコースの予測とフィジカルの準備③奪いやすい距離感の維持←時宜的なラインコントロール・縦横コンパクトです。守備の基本は前に出ながらボールを奪うということです。これを行うためには、良いポジショニング、素早い予測が必要とされます。また、ボールを奪う人は一人目ではなく、二人目で奪うということも意識しています。インターセプトが出来ない際、1人目は徹底的にルックアップを奪う。そして2人目がボールを奪いきる。ドリブルに対してはサンドで。パスに対してはインターセプトで。これも基軸になります。

攻撃

①前(DL背後・ゴール前、コーナースペース)を狙う←事前に空き状況確認②DL隙間を狙う←引き付けてパス←ドリブルで可能なかぎり前進攻撃では、「ディフェンスラインの背後の攻略」を目標にしています。実現するためにの「方法・戦い方の変化=場所・タイミングの変化」を大事にしていす。

1試合目

相手はシクスでした。内容としては、相手のゴール前に攻めることはできたが、得点に至らなかったというシーンが多く見えました。守備はとても良く、スペースを消しながら予測してボールを奪うということが出来ていました。結果は引き分けでした。

2試合目

WASEDAとの試合です。この試合では、前試合で多くは実現出来なかった攻撃テーマに重点を置き戦いました。ディフェンスラインの背後を狙うにはどのような工夫をしたらいいか、どこに起点を作ればさらにチャンスメイクができるかを試行錯誤しながら、試合に望むことができました。結果は、勝利する事ができました。

予選突破

以上の結果により、アトレチコはグループ1位で突破することが出来ました。サポーターの皆さま、本日も暖かいご声援ありがとうございました。これからも、よろしくお願い致します。

180218小学2年生〜3年生夢フェス(ブロック交流大会)【東京都・新宿区・サッカー・スクール・大会】

この日は夢フェスティバルという大会形式の交流試合でした。

午前は2年生午後は3年生でした。開会式と同時にサッカースクール、内容は鬼ごっこやリフティングです。

お話を聞くおまじにはドラゴンボールでおなじみの「かめはめは」、リフティング練習では「マリオ」「クッパ」「ヨッシー」のネーミングをするなど、楽しい時間となりました。

また、夢を叶えるための方法を知らずに行動することと知って行動するのでは結果ぎ大きく違ってくるというお話もしてくださりましたね。

午前の2年生

初戦 猿楽FC

常に主導権はこちらでありながら最後まで決めきれず0-0という悔いの残る試合となりました。

試合中・後共に「焦って蹴りすぎない事」・「一人ひとりがもう少しドリブルチャレンジをすること」、を伝えました。

2試合・3試合

1試合目の失敗やコーチングを活かし大量得点を挙げました。2試合目は油面SCでした。3試合目はシクスでした。

最終結果は2勝1分0敗でいい結果を残せたと思います。その中で最も評価する点は全試合無失点だということです。

決定力に欠けることはありましたが点を取られなければ負けることはありません。この安定した守備力はこれからもアトレの力になると感じました。

午後の3年生

初戦 大岡山FC

縦がうまく行かなかったら横にチャレンジという意識があることが確認できました。

フィールドの選手が攻めあぐねているときはベンチにいる選手たちが「よこもつかえ」とコーチングする姿が印象的でした。結果は2-0と危なげない試合をしてくれました。

2試合目 自由ヶ丘SC

主導権ほこちらにあったものの少しの気の緩みからのミスで先制点を与えてしまいました。

焦る選手たちはプレーが雑になり、強めの言葉をかけてしまう場面もありました。しかし、試合終了間際に1点を取り返し、波に乗ったアトレはそのすぐ後のコーナーキックでヘディングで決め逆転勝利しました。

3試合目 ラスカル千駄木

なかなか得点が得られない中試合終盤に1人の選手が相手との接触でなかなか立つことができない場面がありました。

心配しましたが自分で立ち、次のプレー(コーナーキック)のときにヘディングで決めるという立ち直りを見せてくれました。安心と驚きの瞬間でした。

最終結果

全勝!

とても素晴らしいですね。

特に評価する点はコーナーからヘディングで決めたことです。

今までコーナーからの得点はほとんどなく、ヘディングを怖がる素ぶりも見せていました。そのため練習ではヘディング練習を多く取り入れていました。その結果ぎ顕著に現れていました。

夢フェスティバルでは2年生、3年生ともに充実した試合になったと思います。無失点やヘディングなど自分たちの強みを伸ばしこれからも頑張っていきましょう。

サポーターの皆様

本日も寒い中会場に足を運んでくださり、ありがとうございます。

サポーターの皆様の声援が選手の力になります。これからもよろしくお願いいたします。

180211小学2年生〜3年生TRMvs金富SC【東京都・新宿区・サッカー・小学生】

本日は新宿中学校にて、金富SC様と試合を行いました。

アトレチコと金富はお互いに切磋琢磨し合うことが出来るチームなので、いつも以上に気合を入れて試合に望みました。

本日のテーマ

守備は

①ルックアップを奪う←ファーストの蓋の速さ

②前に出ながら奪い切る←パスコースの予測とフィジカルの準備

③奪いやすい距離感の維持←時宜的なラインコントロール・縦横コンパクトです。

攻撃は

①前(DL背後・ゴール前、コーナースペース)を狙う←事前に空き状況確認

②DL隙間を狙う←引き付けてパス←ドリブルで可能なかぎり前進

というテーマで行いました。

試合

アトレチコの守備の基本は前に出ながらボールを奪うということです。

これを行うためには、良いポジショニング、素早い予測が必要とされます。

アトレチコの攻めは、ディフェンスラインの背後を狙うということを主に行っています。

これを実現するために、ドリブル出てきをひきつけて、隙間を狙うということや、起点作りを意識して行いました。

良点

試合の内容としては、アトレチコが優勢で進めることが出来ました。

その中でも、選手個人個人がさらにレベルアップをしようとしている姿は、さすがの一言でした。

2年生は3年生を良きお手本に、3年生は2年生に背中で説得力を創れるように、これからも一緒にがんばっていきましょう。

保護者の皆さま

本日も暖かいご声援、ありがとうございました。これからも応援のほど、よろしくお願い致します。

180211中学1年生〜2年生TRMvsFC杉野【東京都・新宿区・サッカー・中学生】

大原グラウンドFC杉野とトレーニングマッチを行いました。降雪の影響があり、平日練習を定期的に行えていなかったので、週末の試合では『コンディションを上げる』、『チームの戦い方の共通認識を高める』という事を最優先で行いました。

FC杉野様

強豪チームで、個人がしっかりとボールを扱え狭いエリアでドリブル突破やワンツーでの崩しなどを得意とするチームでした。自分たちの戦い方は、昨シーズンのU-14大会同様に守備組織をコンパクトにする事を先ず徹底させました。それでも個人技で上回るFC杉野にボールを回され、更に得意としているワンツーで何度も自陣を突破されました。しかし、序盤こそ慌てたものの徐々に相手の戦略にも慣れ、良い状態でボールを奪う回数が時間の経過と共に増えました。

現在の課題

ビルドアップ時のボールの動かし方です。昨シーズンは守備に翻弄され自分たちが主導権を握る試合運びは出来ませんでしたが、今季は自分たちがボールを保持する時間を増やすと共に何も考えないでボールを蹴ってしまう回数を減らしたいと考え、繋ぎながらゴールを目指したいのですが自分たちの『止める・蹴る』のスキルが足りずにビルドアップ時やポゼッシッョン時にミスが起きてしまう事がまだ多いので、特にボールを受ける前の準備(見る・ポジショニング)を徹底的に修正しなければなりません。次に、ボールを奪った後に直ぐに奪い返されないこと。この現象は、ボールを奪った選手の次の予測や判断が遅い、また周囲のサポートが遅かったり関わりが全く無い事が多々ある事で起きてしまう現象です。攻撃の時は守備の事を、守備の時は攻撃の事を常に意識しながらプレーを進められるように徹底したいと思います。リーグ戦開幕まで時間が限られているので、一つ一つ課題を修正したいと思います。

180217ヴェルディグランド【東京都・小学生・サッカー・大会】

本日スタッフ数名は、よみうりランドにありますヴェルディグランドにきております。

第11回目となるMUFG杯の大会運営です。

開会前は、メニーナの選手が練習していました。

アトレチコは本日も変わらず活動です!

180211小学4年生〜6年生ライオンズ杯vsFCトンボ【新宿区・小学生・サッカー】

三連休の中日、ライオンズ杯の相手はFCトンボでした。

ウォーミングアップ

まず相手の攻撃の出方を予想するところから始めました。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という故事がありますが、選手たちもアトレチコの普段の戦い方のどういう部分が対戦において強みになるか、真剣に考えてくれたように思います。6年生だけでなく、4年生の選手もウォーミングアップ時から積極的にチームを鼓舞する声掛けを行い、雰囲気はとても良かったです。ウォーミングアップで行ったミニゲームでは、とにかく1枚目の選手がボール保持者に奪うくらいの圧力をしっかりかけ、2枚目で必ず奪ったり、ミスを誘ったりすることを目指しました。守備のレベルは松村杯以降、とても高く推移しているので、攻撃についてもいくつかシンプルな原則を確認し、本番に臨むことになりました。

迎えたトンボ戦

前半はとにかく猛烈果敢な守備ができ、ペナルティーエリア内への相手選手の侵入もほとんど許しませんでした。結果0‐0で終えることができ、ハーフタイムには選手たちの表情にも自信とやる気がみなぎっているように見えました。後半、相手は前半にうまくいかなかった戦い方をラディカルに変えてきました。コーナースペースやディフェンスラインの背後を積極的に狙うパス&ランニングに、苦しめられました。とはいえ、守り切れた場面は多く、特に献身的に守備をしてくれた4年生には拍手を送りたいと思います。

2試合目

フレンドリーマッチで相手はOCHISAN。先制点を奪取したものの、1試合目に見せた守備の良さが生かされず、結果かなりの失点を許してしまいました。選手たちに疲れがあったのかもしれませんが、それ以上に問題だったのは試合に臨むまでの準備だったと考えます。すべてを気持ち・やる気の問題だとは考えたくありませんが、スポーツに関してはすべてが技術や戦術の問題に還元されることはありません。それは選手たちとは日々確認しているつもりですが、コーチとしてもうまく選手たちを導いてあげられず、悔しく思います。選手のみんなは、今日の試合はどのように受け止めてくれたでしょうか?日々の練習を通じて、また一緒に歩んでいきましょう。

サポーターの皆様

今回も会場に足をお運びくださいまして、ありがとうございます。今後とも、選手たちへの見守りとご声援をよろしくお願いいたします。

180210小学4年生〜6年生ライオンズ杯vs落四SC【新宿区・小学生・サッカー】

ライオンズ杯の試合を落合中央公園で行いました。

11人制で大人用ゴールのルールということで不慣れではありましたが、条件は相手も同じなので一生懸命プレーすることを求めました。

高学年になるに連れ在籍も決して多くない今期、相手は6年生中心の構成となりましたが、それでも試合前のミーティングでは戦い方を統一し、最善が尽くせるように時間をかけて話し合いました。

試合

相手がゴール前にクロスを上げ、それに対して自分達がプレッシャーをかけることが出来ずフリーでシュートを打たせてしまいました。

試合の入り方が悪く大量失点を覚悟しましたが、その後は粘り強い守備をすることが出来ました。

相手が一方的にポゼッションをする展開になりましたがピッチ中央でのチャレンジ&カバーを意識したり、球際の戦いも頑張って戦えていました。

課題

サイドバックの選手がボールサイドにスライドし過ぎて中央に寄り過ぎ、相手のサイドチェンジに対応出来ず逆サイドにフリーの選手を作られてしまうシーンが数回ありました。

この点に関しては、ハーフタイムに話し合い修正をしました。

攻撃に関しては、人数が少なかったので前線に起点が作れず相手のゴール前までボールを運ぶことが数回しか出来ませんでしたが、それでも前後半あきらめることなく戦ったので選手達は最善は尽くしたと見ている側は感じました。次のリーグ戦でも一生懸命戦って成長する姿を見たいと思います。

180204中学1年生〜2年生TRMvs玉川中【新宿区・中学生・サッカー】

世田谷区立玉川中学校とトレーニングマッチをおこないました。

前日のバディ戦は、内容がとても良く、特に守備の面でコンパクトさとチャレンジ&カバーがしっかり出来ていたので本日の試合も継続性を持つように伝えました。

世田谷区立玉川中学校は、しっかりと戦うチームで特に攻撃面でボールをしっかりつなぐチームでした。

1本目

早々にゴールキーパーとディフェンダーの連係ミスで失点してしまいました。このようなミスは味方の士気低下に繋がるので、もっと集中力を高めないといけない点でした。

しかし、直ぐに

1点を取り返しました。チームの狙いとしている相手の背後への飛び出しで、相手ゴールキーパーと1対1になり冷静に決める事が出来ました。

今季は、このかたちが徹底して出来るようにしたいです。その後、昨夜の疲れからか集中力が持続出来ず、連続失点を喫しました。

昨シーズンも一度戦う気持ちが切れると、簡単に連続して失点を許してしまう悪い癖があるので、メンタル面で強い気持ちが必要です。リーグ戦開幕までに修正をして良い状態で挑みたいです。

2本目以降

大量失点することなく、拮抗した試合運びを出来るところまで持ち直す事が出来ました。3月からリーグ戦が始まるので、攻守共に連携を更に深めたいと思います。

180204小学2年生練習試合vsFCプリマヴェーラ【クラブアトレチコ新宿I.P.D.・サッカー・小学生】

まだ四谷小の校庭には残雪がありますが、久しぶりに最低気温が0℃を上回り少し温かさを取り戻したこの日、クラブアトレチコ新宿I.P.D.2年生は板橋区のFCプリマヴェーラさんと練習試合を行いました。

”primavera”はラテン語由来の言葉で、イタリア語では「初春の」という意味を持ちます。

少し温かくなったのも、まだ遠い春の訪れの証なのかもしれませんね。

チャレンジ

本日、2年生は「タッチ数を多くして前進」「粘り強い=前に立ち続ける守備」ということを練習試合での目標に掲げました。

神経系の発達が著しいこの時期にとにかくボールに触れること、様々な方法でボールに触れることで、サッカーはもとより、身体を自在に動かすための基礎的な能力の向上が見込まれます。

何より、多くの選手がドリブルで前進できるチームは相手にとっては怖くてたまりませんので、メンタル面で相手を圧倒することにもつながります。

1本15分の試合を計7本行いましたが、序盤は相手のスピードとパワーに押される場面が多かったものの、ドリブルで前へ進みシュートに至るプレーも徐々に増えていきました。

特に、右サイドハーフやトップを担当してくれた選手の中には、シュートの強さであと一歩及ばずも、果敢にドリブルできる選手が多かったのは嬉しいことでした。

課題

ただ、全体としては課題も多くありました。

それは、守備から攻撃へ移行する場面でのスピード感がいまいちだったことです。

せっかく粘り強い守備によってボールを奪えても、ドリブルへの思い切りが足りなかったのか、はたまた準備不足だったのか、スタートが遅れてしまい結局奪い返されてしまうというのは、選手たちにとっても悔しかったのではないでしょうか。

サッカーは時間の流れの中で常に判断を下しながら動き続けなくてはならないスポーツなので、選手たちと改めてそのことを確認し、タフでスピーディーなチームになっていければと思います。

来月には新宿区のフットサル大会も控えています。新年度に向けて着々と準備を続けましょう。

サポーターの皆様

本日も寒い中、会場に足をお運びくださりありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

180203中学1年生〜2年生練習試合vsバディ【クラブアトレチコ新宿I.P.D.・サッカー・中学生】

二週連続で積雪になり、自分たちの平日練習は中止が続きました。

また、他の沢山の会場も公式戦等が中止になるなか今週も新宿区から飛び出しトレーニングマッチにてお世話になることが出来ました。

そのような経緯もあり、先ずは「サッカーが出来る感謝の気持ちを忘れないようにしよう!」と伝えました。また、バディはU-14大会では4次リーグまで進出した強豪なので「大量失点をしてしまう可能性もあるが、何点取られても一生懸命頑張る姿勢だけは相手に伝わるようにしよう!」と伝えました。

試合

バディはるひ野園舎のフットサルコートを2面合わせたピッチの広さで6対6の10分1本を合計9本行いました。

先ず、1本目から守備組織を強固にして全体がコンパクトになるように意識させました。それでも相手はボールを素早く回すので、振り回される展開が続きました。

そのような展開の中、相手のパスをインターセプトしてから素早くショートカウンターをして先制点を奪う事が出来ました。

このかたちは、自分たちがU-14大会で徹底出来て好成績を残せたもので、今のチーム内で全員で共有出来ている戦術で自信を持てる部分です。

2本目以降も統一した戦い方が出来ているので、プレーしている選手と見ているスタッフもとても楽しい時間となりました。

また、ゴールキーパーのY君が絶好調で、何本も相手のシュートをブロックしたので頼もしい存在でした。

但し、全体を通して課題も多く、『ボゼッション率を高める』『奪ったボールを直ぐに奪い返されない』『フィニッシュの精度』などの改善が急務だと感じました。

具体的には、相手の守備組織がしっかりと形成されている状態を上手く攻略することが出来ず、リスク回避から前方へ精度が低いボールをフィードすることが多くなりました。

これではボールロストが増え守備にまわる時間が増え体力の消耗も増えて自分たちがボールを持とうと思っても疲れて精度が落ちてしまうので、『ゴールキーパーも参加して全員でボールを回しながらフリーの選手を意図的に作り、素早いパス回しからゴール前でのチャンスを増やす』というのが現時点での展望になります。

シュートの精度も上げるためにも、狙ったところへ蹴れるようにしなければなりません。止める・蹴るを再度徹底して見直し、攻撃のオプションが増えるように皆で努力を続けたいと思います。