強豪校との対戦

190309中学2年生〜3年生TRMvs国士舘高校

3/9(土)にJYは国士舘高校とトレーニングマッチを行いました。

国士舘高校

東京の強豪校で今年の全国高校サッカー選手権大会で東京都予選を突破し全国大会に出場したチームです。

(セレクションの壁も高く自チームの3年生選手も2名昨夏に参加させて頂きました。)そのようなレベルの高い選手達とトレーニングマッチをこの時期に行えるのは、チーム・個人にとってとても貴重な体験です。

特に3年生は高校に入る前に“レベルの基準”が明確に体感出来るので有意義でした。

試合

20分を5本、10人制で行いました。試合前のミーティングでは『必要以上に相手をリスペクトしない事』、『プレースピードを速くし、一人一人がボールを持つ時間を短くする事』、『攻守の切替を早く』、『球際の戦いを激しく』を伝えました。

しかし相手は強豪校の高校生、当初各ピリオドで大敗し内容も圧倒されると予想していましたが、良い意味でその予想が外れました。選手達は恐れることなく、自信を持ってプレーを実践していました。特に1本目は、結果こそ引分ですが内容は上回ることが出来ました。

原因としては、普段から練習中のインテンシティ(強度)を高くし、その中でも『止める・蹴る』をしっかり出来るように伝え続けてきたことが表現出来たと感じました。時間の経過と共に疲労が蓄積され失点が増えましたが、先方は部員数が多くフレッシュな選手がどんどん入れ替わり立ち替わり出てくる状況であったので、それほど問題ではありません。

今後に向けて、各選手が“高校選手権全国大会に出るためにはこの選手達のレベルを超えなければならない”という感覚を肌で覚え、日々忘れず努力を継続して欲しいと思います。

スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

キンダー(幼稚園生)初試合!!

本日は幼稚園生と小学1年生が南元町公園にて四六SCさんと練習試合を行いました。

四六SCさんは、普段その時間南元町で練習しているので、アトレチコがお邪魔する形となりました。

試合形式は10分一本で、幼稚園生コートと小学生コートで分け、フットサル制で何本も回しました。

試合のテーマ

いつも実践している

  • 守備時のポジショニング
  • 力強いドリブル
  • それにプラスして粘り強い守備を目標にしました。
  • 練習の時もそうですが、相手に抜かれるとそこでプレーを辞めてしまう選手が多いため、「強く、長い」守備を出来るようにならなければいけません。
  • 小学生

    最初の方の試合こそ多少失点してしまい負けてしまう場面もありましたが、徐々にテーマの部分が定着し、最後の方の試合はほとんど失点なしで勝つことができるようになりました。

    幼稚園生

    普段アトレチコで一緒に練習している友達も相手にいて、負けられない試合でしたが、たくさん点を取って勝つことができました。

    本日の試合は会場がとても近かったこともあり、アトレチコも四六もたくさんの親御さんに観に来て頂けました。選手たちはいつもの練習よりも多くの声援が聞こえ、とても嬉しそうでした。また温かいご声援をよろしくお願いいたします。

    本日はどうもありがとうございました。

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    ライオンズ決勝T第2節!

    190302小学4年生〜6年生ライオンズ杯vs淀橋FC・FCとんぼ

    本日はライオンズ杯(1部)決勝トーナメントの一回戦二回戦が戸山グラウンドにて行われました。

    6年生

    はこの大会がアトレチコの仲間と戦う最後の大会です。

    決勝トーナメント負ければ敗退ということもあり、全員気合を入れてウォーミングアップに臨みました。

    一回戦

    相手は淀橋FCでした。試合開始から相手陣内に攻め込んだものの、気負いからか決定機をなかなか決めきる事が出来ません。

    前半を0-0で折り返しました。攻撃時、ボールよりも低い位置に選手が残りすぎて、縦パスのコースがほとんど無い、どんどんボールを追い抜いてゴール前に人数をかけるということをハーフタイムに確認しました。

    すると、後半は見違えるほど相手ゴール前でのプレー機会、シュートの本数が増え、3点を奪い勝利することができました。

    大会ベスト8が決まった喜びも束の間、シードのFCとんぼとの準々決勝が3試合後に控えているので、再び気合を入れ直し綿密にミーティングをしました。

    ミーティング

    ・中盤を三枚にして相手にマンツーで付いて同数でチャレンジ&カバーすること

    ・全体のスライドを早くして、中盤から前の選手は常に縦切りで相手に蓋をすること

    ・横パスより縦パス優先すること

    ・相手ペナルティエリア外のスペースを攻略して相手ラインを押し下げること

    主にこれらのことを確認して、ベスト4を決める大一番に臨みました。

    試合

    始まってみると、戦前の予想通りボールを常に保持するのは相手であり、耐え忍ぶ時間が長く続きました。

    中盤は三枚で相手にほとんど仕事をさせていませんでしたが、相手のFWに持たれた際、スピードパワーなど個の力の差で突破されピンチを作られることが多々ありました。

    そこでDFラインの選手には、能力の高い相手の選手にボールをまず持たせないこと、つまりインターセプトなどパスが入る前の準備で対応することを修正しました。その結果、前半は無失点で折り返すことができました。

    守る時間が長い試合は後半集中力が持たなくなりがちなので、声を掛け合って絶対に無失点に抑えよう、ということをハーフタイムに確認しました。

    後半も前半同様、守る時間が長く続きましたが、ギリギリのところでファインセーブや相手のミスもあり0点に抑えることができていました。

    しかし、試合もラスト10分くらいになったとき、相手コーナーキックからの混戦で押し込まれ、均衡を破られてしまいました。

    その後もう1点を追加され試合は0-2で破れてしまいました。

    スコアとしては完敗ですが、やらなければいけないタスクをしっかりとこなし、強い相手にも今までやってきたことを実践している選手たちを見て、大きな成長を感じることができました。

    6年生は最後の大会、優勝で終わりたかったですが、この悔しさは次のステージで生かしてください。5年生より下の選手はリベンジができるようより一層の努力をしていきましょう。

    サポーターの皆様

    気温の低い中、温かい応援ありがとうございました。

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    基礎基本と自主練習

    190302中1〜3TRMvsCSA

    今日は、CSA U-13とトレーニングマッチを行いました。

    会場

    中央大学グラウンドで、関東大学リーグの強豪チームが普段使用している素晴らしいグラウンドでした。

    先週の十文字大学グラウンドに続き、本日も無風で人工芝のグラウンドになり、ミスに対して言い訳が出来ない素晴らしい環境でした。

    25分×6本

    多めの本数を行いました。

    当日は、相手がU-13という事で自チームはU-13・U-14の選手はフル出場になりました。

    U-15の選手は、交代で出場しました。

    全体を通してU-13の選手は、前線のポジションに配しました。

    理由としては、オフザボール時の動き出しに対して課題が多く、実戦形式で学びながら仲間や先輩から指摘を受け、足りない部分を気付いて欲しいとの思いでプレーをさせました。

    課題は色々あるのですが、特に多いのが『止める・蹴る』でした。

    素晴らしい人工芝の環境でミスが起きにくいはずでしたが『止める・蹴る』のミスが頻発しました。

    理由は明白で“ボールを受ける前の準備の足りなさ”でした。

    ポジショニング、体の向き、動き出しのタイミング等々、個人スキルで多くの課題が浮き彫りになりました。

    また、単純なミスが多いのでこれらの課題を先送りせず、居残り練習や公園で『止める・蹴る』の個人練習をするなど、基礎的な反復練習を行って欲しいと思います。

    またゲームでしっかり走れるフィジカル的な要素も上げて欲しいので、練習時にもっと自分に対して負荷をかけて欲しいと思います。3

    月末までは3年生と一緒に練習が出来るので、必死に喰らいついて学び続けて欲しいと思います。

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    グループで意図的な崩しを

    190224中1〜3TRMvs十文字高校女子サッカー部

    前日の2/23(土)に三菱養和SC巣鴨ジュニアユースU-13とトレーニングマッチを行い、本日は女子高校の全国トップクラスの十文字女子高校とトレーニングマッチを行いました。

    昨日のゲームコンディションとは正反対で、人工芝で無風の環境でした。

    このような素晴らしいピッチコンディションではミスに対する言い訳が出来ず、個々のスキルがそのまま反映されるため良い意味で精神的な負荷がかかる状況になりました。

    試合

    30分×4本行い、強度が高い試合になりました。

    昨日のトレーニングマッチでは、攻撃で意図的な崩し方が出ず課題が残ったので、試合前のミーティングで攻撃の優先順位とコンセプトを話し確認しました。

    但し、型にはめすぎると特長が出にくくなると考え、相手のシステムやフォーメーション、また戦い方を察知して、それに対して自分達が順応出来るようにしよう!と伝えました。

    フィジカル的にやや上回るので、グループとしてコンビネーションで崩すよりもフィジカル的に個で突破する場面が多く見られました。

    もちろん、それは大事なのですがそれだけでは勝つ確率は高められないので、もう少しグループで意図的な崩しからの得点が見られればと思いました。

    また、決定的な場面でのシュートミスが頻発したので、その課題も残りました。

    練習環境に制限はありますが、だからこそチームとして同じ方向性を持ちながら個々の特長を活かせればと思います。

    引き続き、練習での強度を上げながら精度も高めたいと思います。

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    楽しみながら強度を!

    190223中1〜3TRMvs三菱養和SC巣鴨U-13

    2/23(土)に東京の強豪の三菱養和SC巣鴨ジュニアユースU-13とトレーニングマッチを行いました。

    このチームは昨年度の東京都クラブユースU-13大会で準優勝している強いチームで、自チームの選手達には「相手を恐れずに戦おう!」と奮い立たせて挑ませました。

    この日の大原グラウンドは強風であることとグラウンドの状態があまり良くなく、イレギュラー

    が多発するような状態でしたが、三菱養和SCの選手達は個々のスキルを発揮して、丁寧にボールを繋ぎながら攻撃を仕掛けてくる素晴らしいチームでした。

    それに対して自分達も、「なんとなく」「とりあえず」「適当に」でプレーする事を可能な限り控えるように伝え、苦しくても「意図のあるプレー」を心掛けるように選手達に伝えました。

    30分×3本行い、そのうち風上を2本で実施させて

    頂きましたが、相手を効果的に崩す事が出来ず攻撃面では課題が多く残りました。

    守備面では「攻守の切替えを早く」「球際をファウル無しで激しく戦う」をいつもより実践出来て及第点であったと思います。

    引き続き、楽しみながら強度を高めたトレーニングで日々向上したいと思います。

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    低学年区内チーム対戦!!

    190224小学1年生〜2年生TRMvs新宿FC

    本日は新宿区立四谷小学校にてu-8カテゴリーの練習試合が行われました。

     

    雲ひとつない晴天だったためか、先週と比べとても暖かくいいコンディションで試合ができました。相手は新宿FC。学年が上がれば新宿区のリーグ戦やカップ戦で当たる機会が何度もあることでしょう。絶対に負けられません。

    試合

    10分制、校庭の全面を使い8人制で行われました。

    去年の公式戦はフットサルコートで5人制でしたが、徐々に8人制にも慣れていかなければなりません。試合のテーマとしては、広いコートなのでまずは

    • スペースを見つけること
    • そのスペースに進入するときはスピードアップすること
    • 相手にボールを奪われた際は、前向きの守備を確保するためにボールの位置よりも後ろに戻ること。

    これらを意識して試合に臨みました。

    結果

    たびたび失点をしてしまうこともありましたが、その分攻撃面ではテーマをよく理解し最近の練習でやっているスピードに乗ったドリブルを実践できていました。

    また、そのドリブルにターンを交えることも出来るようになり、徐々に選手たちのプレーが多様になっているなと実感することができました。

    課題

    しかし、疲れてくるとボールよりも後ろに戻るという約束が徹底できなくなっている面もあり、そこの攻守のバランスが今後の課題だと感じました。
    本日は、練習の成果がとても良く見えた反面、課題も見えたとても有意義な練習試合になりました。

    これからまた練習試合が増えていきますが、新しいことにチャレンジしたり課題を克服したりすることができるよう、日々の練習頑張っていきましょう。

    サポーターの皆様

    本日はご声援ありがとうございました。

    ライオンズ1部予選最終試合

    190223U10〜12新宿区ライオンズ杯(1部)vs落四SC

    2月23日、落合中央公園にて、新宿区ライオンズ杯(1部)予選リーグが行われました。

    予選の残り1試合、グラウンドも人工芝の素晴らしいピッチと、勝って勢いよく決勝トーナメントへ進みたいところです。

    前半

    前週の落一戦で得点できていたので、同じようなフォーメーションで試合に臨みました。

    しかし、アトレチコの裏を狙った攻撃に対し、ディフェンスラインを高く設定した相手の背後のスペースはGKに全てケアされ、FWの選手が抜け出してもことごとく跳ね返されるシーンが続き、なかなかゴールまで迫ることができません。

    そこで、FWの選手を入れ替えながら、ポストプレーを活用した戦い方に変更しました。

    まずはFWにボールを当ててキープし、そこから空いているスペースへ展開するなど、相手GKが簡単に前へ出てこれないようにし、中盤やサイドも連携した厚みのある攻撃が徐々に増えていきました。

    パスのテンポも良くなり、良い時間帯が続いていましたが、決定的チャンスを外すなど、得点するには至りませんでした。

    ハーフタイム

    前半のいいリズムだった攻撃を続けていこうと確認し、後半に臨みました。

    サイドのスペースを有効に使い、チャンスを作るシーンもありましたが、なかなかゴールまで辿りつけません。

    逆に、ふいにアプローチが弱かったところを突かれ、失点してしまいます。

    その後は焦りからか、オフサイドやパスミス、コントロールミスが目立つようになり、ゴールが遠かった試合でした。

    サポーターの皆様

    本日もご声援いただき、ありがとうございました。

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    各種ブロック大会組合せ決定!

    5年生JA東京カップ

    4年生フェアプレーカップ

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

    2018年度新宿区2年生大会組合せ!

    組合せ

    3/21@西戸山野球場で開幕です!良い準備をしてのぞみましょう!!

    スポーツ(体育)を通じたプラス創りを!

    ・チアリーディング・ダンス:アトレチコチアーズ

    ・ゴールキーパースクール :四谷GKトレーニング

    東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング