サッカーフェスティバル!

小学1〜2年生

1.2年生は、18人と多く3チームに編成し挑みました。

試合

1試合目は、四六小学校さんでした。体育館はとても滑りいつも通りのプレーをすることが難しい状況でした。接戦の末勝利を掴むことができました。

2試合目は、ムグンファさんでした。早いプレスでボールを奪われなかなかボールを前に運べない状況の中カウンターで何本かチャンスができたのですが決めきれず相手がワンチャンスを決め負けてしまいました。

3試合目は、花園Bさんでした。この試合は、主導権を握ることができ終始攻めて勝つことができました。

休憩を挟み挑んだ4試合目、相手は負けなしの四谷Bでした。決定機を確実に決められ、差がどんどん開いてしまいました。諦めずたたかいましたが負けてしまいました。

悔しさを力に変えて挑んだ5試合目は、四谷Aさんでした。拮抗した試合展開になりました。ピンチのシーンも踏ん張っりチャンスに変えましたが決めきれずラストワンプレーで失点してしまいました。

最終節は、花園Bさんと試合でした。とにかくたくさん点を取ることを意識し、積極的にプレスをかけていく中で点を量産することができました。

残念ながら優勝することは、できませんでしたが選手一人ひとり得たものがあるとおもいます。

オンザピッチとオフザピッチ

最後にも話しましたが日頃の生活などがプレーに繋がることがよくわかる一日でした。

日頃から積極的に動いたり周りを気にする行動を心がけていたら選手として変わっていくと思います。

来年は、優勝できるよう頑張りましょう。

本日は応援ありがとうございました。

アトレチコDA PUMP

本日は四谷地域で毎年12月お馴染みのサッカーフェスティバルが花園小学校にて催されました。

参加チームはアトレチコ新宿、四谷小学校、四六小学校、花園小学校、ムグンファFC。

各チームそれぞれのカテゴリーで複数チームを出しました。アトレチコは3年生を2チームに分け出場しました。そのうちの1チーム、アトレチコDA PUMP(選手たちが名付けました)はチームBとなり、Bブロック予選で4試合を戦いました。

予選2試合目

アトレチコの四年生チームとの直接対決もありました。前半開始早々1点を先制されたものの後半1点を返し最後まで粘りました。その後勝ち越し点を決められ負けてしまいますが、試合中の諦めない姿、試合前どうやったら四年生に勝てるか自分たちで話し合う姿から今年一年間の大きな成長を感じることができました。

予選を4試合戦った結果は2勝2敗。Bブロック3位となったため、全体の5位、6位を決める順位決定戦に回ることになりました。決勝トーナメントに進めず目指していた優勝の可能性が消えてしまってことで選手たちのモチベーションが多少落ちてしまっていた部分はありましたが、最後の1試合勝って気持ちよく終わろう!と選手を送り出しました。

選手たちは前半開始から前に前にプレッシャーをかけて自分たちの流れを作ることができました。

その結果前半早い時間で1点先制することができました。しかしその後膠着状態が続き、後半終了間際にまさかの2失点を喫してしまい敗戦となりました。

その結果今年のサッカーフェスティバル3年生チームBは全体6位となりました。

選手たちからすればとても悔しさの残る順位でしょう。

3年生は来年も同じカテゴリーで戦うことができます。来年こそは必ずこの悔しさを糧に優勝しましょう。

本日見つけた課題を胸に日々の練習頑張っていきましょう!ご声援ありがとうございました。

アトレチコ・マヨネーズ

結果

予選① 1-1 vs.ムグンファ

予選② 1-0 vs.花園A

予選③ 6-0 vs.四谷A

予選④ 1-2 vs.四六A

準決勝 0-4 vs.四六B

3位決定戦 2-0 vs.四谷A

試合

毎年恒例となりました花園サッカーフェスティバル。

3年生2チームの内の1チーム「アトレチコ・マヨネーズ」(選手命名)は、U-10カテゴリーで予選4試合、決勝トーナメントへ進み、3位となりました。

初戦のムグンファ戦では硬さが見られ、なかなか思うように攻撃することができませんでしたが、尻上がりに調子を上げていき、予選を1位通過しました。

準決勝では、予選での勢いそのままに臨みましたが、先制点を許してから自分たちのペースを掴むことができず、残念ながら敗れてしまいました。

最終戦の前には、自分たちの思うようにプレーができないとき、苦しい流れのときにどうすべきかを選手たちでミーティング。

また、悔し涙を流す選手もいたことから、そのエネルギーをどう変えていくかについても確認しました。

結果、最終戦を勝利することができました。

ゴールパフォーマンス!

なお、本日のフェスティバルでのチーム名が「マヨネーズ」ということで、ゴールパフォーマンスはマヨネーズをチューチューするポーズを披露しており、ベンチの笑いを誘っていました。(笑)

来年はさらなる上の順位を目指すとともに、オンザピッチだけでなく、オフザピッチでもそれぞれが成長していけたらと思います。

本日もご声援いただき、ありがとうございました。

小学4年生〜6年生

4年生以上は、担当コーチもなく自分たちだけで試合スケジュールの把握〜ベンチワークまで、1日の全てを「自分たち」だけで行いました。

チームとして

試合に遅れることも、同じ選手がずっと休む・ずっとGK、といったこともなく合宿や日頃のTRでも目標としている、逆算・1つ先を考える、ということをまさに実践してくれた点は非常に良い姿でした。

選手として成長のチャンス!

少し気になったのは、「苦言が多い」という事です。

勝ちたい気持ちも分かる。全力で真剣勝負をしている事も分かる。思いがけない判定や結果だった事も分かる。ただ、それを他者(審判や仲間)にぶつけ続けるのは、少しもったいない姿と感じます。

アピール・自分の考えを発信する事は大事。

ただ、そこに引きづられ、段々と平常心ではなくなっていく。結果、チームの機能が遠ざかる。そんな様子が散見されました。

よっぽど、前向きに粛々とそして淡々と、自分たちのサッカー・目指すサッカーそしてプレーを続けた方が、目指す結果は近付いてきます。その逞しさはまだまだ大きく伸ばせる点だと感じます。

日頃は、ベンチもコーチもいっしょになってそのあたりのモチベートに取り組みますが、今日は「実力」が見えた良い機会となりました。大きく成長のチャンスです!今日を、これからに繋げて行こう!

クラブアトレチコ新宿I.P.D.

ジュニアユース(中学生)の頑張り

この大会では毎年、クラブアトレチコ新宿I.P.D.の中学生も審判やコート設営にサポートに来てくれています。

特にこの日は、午後からは試合とうスケジュールの中、皆ダブルヘッダーでアトレっ子のため、フェスティバルのため、そして四谷地域の為に奮闘してくれました。

とても感謝です。ありがとう。

そしてまた、「自分たちの今も・今までも・そしてこれからも、今日の皆のようなサポートあってこそで、その時が出来上がる」。という視点も持ってもらえたらと願っています。

小学生以上全員が集う1日

それぞれの学年・サポーターの皆様のご声援・そしてクラブアトレチコ新宿I.P.D.というチーム、そのどれもが非常に魅力的だった1日と感じます。

これからも様々な決断や方向性、良い時もそうでない時もあるかと思いますが、クラブアトレチコ新宿I.P.D.に関わる一人でも多くの人にプラスが伝えられるよう、チーム一丸頑張って行きたいと考えています。

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

ライオンズ旗争奪新宿区サッカー大会組合せ決定!!

181209小学3年生〜6年生ライオンズ旗争奪新宿区サッカー大会組合せ結果

本日、ライオンズ杯の組合せ抽選会が行われました。

抽選結果

詳細

*1部(4〜6年生)は11人制・2部(3年生)は8人制

*他日本サッカー協会ルール

にて行います。

蹴り一蹴り

練習・練習試合・コラボ、その一蹴り一蹴りを大切に準備を進めて行きましょう!

小学6年生も加わり・・・。ぜひ近隣選手、ご参加ください!

181202小学6年生〜中学2年生TRMvsアミーゴ

12/2(日)、ジュニアユースは新宿中にてアミーゴと練習試合を行いました。

当日は、来季入団予定の小学6年生も数名加わり、賑やかな雰囲気でした。

大きな経験

6年生にとっては、ジュニアユースというこれから経験するカテゴリーを体感する非常に良い機会となっております。

クラブアトレチコ新宿I.P.D.は、一人でも多くの選手にサッカーの楽しさとサッカーを好きに!という理念があります。当クラブに所属の選手だけでなく、ジュニアユースというサイズ・スピード・パワーも違う中でのプレー経験をしに、ぜひ多くの選手に足を運んで欲しいと考えています(申込み・問合せはこちら)。そういった意味でも非常に有意義な1日となりました。

試合

校庭が若干狭いため8人制15分1本を数本行いました。

狭いエリアの攻防が増えるため、状況判断を早くしないとすぐにプレッシャーを受けるため、判断力を養うトレーニングとしては最適でした。

また、狭い中でも時間とスペースを見つけてターン(前を向く)を出来るような働きかけをここ数ヶ月しているので、大変良い機会になりました。

12月中旬から新たな公式戦が始まるので、しっかりと準備して挑みたいと思います。

頭に汗をかき「気付く力」を磨こう!

181202小学3年生TRMvs井之頭SC・三鷹04

本日は、SUBARUスポーツセンターで三鷹04さんと井之頭SCさん、アトレチコ新宿の3チームでトレーニングマッチを行いました。

試合前

では、花園サッカーフェスティバルと3年生大会に向けてのイメージを確認を行い、自分達でアップを行いました。

アップで自分達の体の調子の確認や体を温めベストな状態で試合に挑めるように必要なことなど確認することができました。

試合

では、2チームに分けそれぞれのチーム同士でコーチングしあう事を意識しました。

サッカーを観る目、そして頭に汗をかき気付く力を磨いて欲しい為です。

試合に出ていないメンバーだからこそ見える物を伝え、自分の知識としても取り入れることができたと思います。

守備でも主導権を握るために何をしたら良いか考えながらトレーニングマッチをこなしていきました。

結果も全体を通して勝利出来、いいトレーニングマッチができました。

それぞれ課題が見えたのでトレーニングでしっかり改善をし、花園SF、3年生大会でいい結果を残せる様気合を入れていきましょう。

2−2の2ライン

日頃のフットサル形式の大会では、2−1−1で戦うアトレチコですが、この日は、チャレカバというテーマ

あった為2−2の2ラインで挑みました。

1stDFの背中が見える位置、という整理のもと、カバーリングを横で機能させるという目標は比較的巧く出来たと思います。

失点時や劣勢になった時、ワンサイドプレスをかけボールを奪うという姿勢に欠け、矢印が後ろ向きだったり、ブロックが重い場面は、今後の修正点となりました。

そんな場面は、ぜひGK中心にチームを押し上げて欲しいです。

背後のスペースは信頼の置けるGKがケアしてくれる。この信頼関係あってこそ、チームは前へ前へ積極的な守備を作り出せます。

ゴールマウスを守る事では大きな信頼を勝ち取っているGK、ぜひプレー(守備)範囲をどんどん拡げて行き、チームの柱として成長して行って欲しいと考えています。

サポーターの皆様

皆さまのご声援それ以上に、選手間の声かけや熱が際立つ1日だったかと思います。(特にストライカーの声かけはとても熱い!)

チームの輪(他家庭の選手)への影響も考え、ぜひ引き続き、挨拶から挨拶までは、選手たちをお見守りいただけたら有難いです。

本日もご声援ありがとうございました。

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

自分たちのサッカーは自分たちで創る

181201小学4年生〜5年生TRMvs仲町FC・光が丘カナリーズ

最近は気温がめっきり下がり冬が本格的に始まったようです。

練習の行き帰りは分厚い羽織物が必要な時期になりました。そんな寒さの中でもアトレチコの選手たちは元気に活動しています。

12月1日、u-11(小5、小4)カテゴリーの選手たちは、練馬区立教育支援センターにて練習試合に参加しました。

相手は仲町FCさんと光が丘カナリーズさん

3チーム三つ巴の試合となりました。

今週行ってきたワンサイドカットでボールチャレンジ!という守備面のテーマを基軸に、先週の練習試合で出た課題も意識し、1試合目に臨みました。

中盤をコンパクトに保つことにより、一発で抜かれない、またワンサイドカットで狭い方向に追い込むことにより2人目3人目でボール奪取をする、という守備をすることができました。

その結果1試合目と2試合目は無失点に抑えることができました。

3試合目以降は疲労が溜まってきたのか中盤のコンパクトを保てなくなりドリブルで真ん中を突破されてしまう場面が多々見られるようになりました。

自分たちのサッカーは自分たちで創る

しかし、このように上手くいかなくなった時、選手たちからはどのようにしたら上手くいくかのコミュニケーションの声が聞こえてきました。

カテゴリーが上がり自分たちで変えなければいけないという自覚が出てきたのでしょう。非常に頼もしく感じました。

また、今週のテーマを試合で実践出来たことは自信になったと思います。

どの学年でも言える事ですが、「「考える」という事を考える」・「「学ぶ」という事を学ぶ」、そんな積み重ねももう少し必要かと感じます。

継続できるよう、練習で落とし込んでいきましょう。

サポーターの皆様

年末年始も、変わらず練習は続きます。

また、年明けには新チーム創りとしてコラボレーションカップもあります。

4〜5年生編成では、まだ手探りな様子も見て取れます。年末年始、出来る限りたくさんの試合数をこなし、年度始めからのスタートダッシュを切りたいと思います。

ご声援のほどよろしくお願いいたします!

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

過渡期でも在り方を考える

181125小学5年生〜6年生SEG杯

今日は、戸山グラウンドでSEG杯が行われました。

今回は、トーナメントということで負ければ終わりの一発勝負となる大会でした。

初戦

相手は、淀橋FCでした。

立ち上がり、一瞬のプレスの甘さから失点をしました。

そこからというもの自分達でなかなか打開策を見つけることができず、押し込まれる展開が続きました。その後も決定機というチャンスを作ることができず、惜しくも一回戦敗退となりました。

節目までの時間

6年生とともに戦える機会も残り少なくなりました。

寂しさと共に下の学年は、一つカテゴリーがあがり、責任感も増えてくるとおもいます。先輩の良いところはしっかりと学んで行きましょう!

6年生は、いよいよジュニアカテゴリー卒業という1つの節目まで、数えるほどとなってきました。

様子を見ていると、心身の成長も著しく、それと同時に時としてバランスの取り方に苦労している姿が見て取れます。

「10〜12歳の自分」から、「一サッカー選手の自分」に、少し視点をうつし、在り方を考えてみるのも一つかもしれません。

サポーターの皆様

本日もご声援ありがとうございました。

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング