181021小学4年生金田杯招待大会vs小金井緑・fcとんぼ・ヴィトーリア目黒【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

寒い日が続き体調管理がよりいっそう大切な季節になりました。

本日は戸山グラウンドにて金田杯が行われました。区の金田杯で勝ち抜いた事で獲得した出場権です。

アトレチコの選手はグラウンドに到着しだい、監督やチームメイトに挨拶をします。

日々の練習の時よりも熱い挨拶で、選手達から試合に臨む気合を感じました。

ウォーミングアップ

スタッフは前審判がある為、代表選手に本日のテーマを伝え、そのテーマにあったウォーミングアップを自分たち行いました。

第1試合

小金井緑さんとの試合を行いました。

内容はアトレチコが優勢で試合を進めることが出来ました。

しかし、フリーキックで1点返されてしまいました。

失点後からチーム内での味方への声掛けが盛り上げる声や指示の声ではなく、喧嘩のような声のかけ方になってしまいました。

試合には勝ちましたが、内容は良いものになったとは到底言えない試合になってしまいました。

試合後

仲間との関わり・チームというものについて話をしました。具体的には、

    「勝ちたいからこその声かけ」は分かっている。ただ、だからこそプラスの感情になる関わりが重要ということ
    「考」の部分で自信が持てないなら何で貢献するか?誰よりも走り闘っているか
    個々は素晴らしい選手で、一人一人好きだが、「チーム」として見たとき、あまり良い選手でも魅力的なチームでもないということ

以上3点を伝えました。

その後は、選手たちを信じ見守ります。

準決勝

第2試合はトンボさんと試合を行いました。トンボさんにはココ最近は勝てていないので、サッカーを楽しむという事に焦点を置いて試合に臨みました。

試合内容は先程の試合の改善点を改善することができたため、良い試合になりました。

お互いに激しい攻撃と守備を繰り返し、とても迫力のある試合となりました。

両チーム無得点のためPK戦となりました。

アトレチコのゴールキーパーがシュートを止めて、見事に勝つことが出来ました。フェイントをかけるなど相手との駆け引きをきちんとやりきったゴールキーパーは、非常に素晴らしかったと思います。

決勝

第3試合はヴィトーリア目黒さんと試合を行いました。前半に1失点してしまい、ハーフタイムを迎えました。

コーチと共に試合に勝てるようにプランををたてました。

後半に作戦がはまり1得点、この同点ゴールは、10月に入ってからより具体的に絞り込んでいた「背後の攻略法」、特に飛び出し要素を巧く活かしたゴールだったと思います。

くさびが入った後の背後の取り方に、非常にダイナミックさと枚数があり、巧くボールを動かしたと思います。ナイスゴール!

延長

両チーム本日3試合目となり、お互い疲労がピークの状態での延長戦となり、もはや意地と意地の戦いとなりました。

疲労に負けず最後まで走りきれたチームが勝つという試合になりました。

延長戦終了間際、最後の最後に声の量や走る量で負けてしまい失点、敗戦となりました。

スペースとしては、右のペナ角、本来ならいるべき選手も、後日会話したところ、切り替え切れなかった事を良く良く分かっていました。次に活かせばそれで良い!

第1試合の「チーム・仲間との関わり」から、第2試合・第3試合は非常に魅力的なチームで在ったと感じます。

一人一人ファイトに溢れたプレーで、「背中で創る説得力」は申し分なかったです。

疲労が大きくなった時、声がかかり合わなかった点は大きな伸びしろを残しています。

    頭の中、心の中は誰にも見えない聞こえないから
    声をかけてより良いポジション、判断、関わりをする事で、質が高く消耗しない戦いが出来るから

気合やメンタル要素ではなく、サッカーの質を高める為には必要な要素です。

準優勝

となりました。

1日で3試合も戦い抜いたアトレチコの選手の頑張りを褒めてあげたいです。この3戦を次に活かし、日々のトレーニングに今後も励みます。

サポーターの皆様

本日は戸山グラウンドに足を運んでいただき、本当にありがとうございます。3試合戦い抜けたのはサポータの皆様のサポートがあったからです。これからも暖かいご声援、よろしくお願いします。

181014中学1年生〜3年生Tリーグvs三鷹中【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

vs三鷹中

@清瀬内山グラウンド

後期を5連勝というなかで迎えた6節は、強豪の三鷹中と対戦しました。

中高一貫校のため、中学3年生が引退しておらずスタメン全員が3年生でした。

ただし、試合が始まってしまえば年齢は関係なく、勝利を追求するのみでした。試合の方は、一進一退の攻防が続く中、前半にビッグチャンスが訪れました。

フォワードの一人が相手の最終ラインの裏を抜け出し、ゴールキーパーと1:1になり決めた!と思った瞬間、ゴールを捉えることが出来ず、前半は0-0で折り返しました。ハーフタイムでは、選手とスタッフがディスカッションを行いました。

「相手のDFラインが嫌がるプレーは?」「相手の陣形を察するとどこに突破出来る穴がある?」などを具体的に話し合いました。後半、立ち上がり早々に想定外の失点をされました。

右サイドで相手のスローインから自分達が簡単に裏を取られしまい、突破を許すとペナルティエリア中央にクロスを上げられ、ヘディングシュートを決められてしまいました。

今までの自分達は、ここで心が折れて連続失点をしてしまうのですがこの日は違いました。

勇猛果敢に相手ゴールへ攻め続け得点を奪いに行きました。

すると、フォワードの一人が相手の右サイドの裏へ抜け出すと対峙したディフェンダーと1:1になり、逃げずに勝負を挑み、そのディフェンダーを交わしてシュートを決めました。

今まで「個での突破」から得点を奪ったことが少なく、この同点が選手達を大いに勇気付けました。同点で満足せず更にアグレッシブに攻め続けると、ハーフタイムで話し合った相手の弱点を突く事が出来、追加点を奪う事が出来ました。

このような逆転劇を演じたことは今までに記憶がなく、選手一人一人の精神的な成長を大きく感じました。

勝つことで得られる喜びの中で、今回の勝利はとても大きな自信になると確信しました。

次節は、優勝を賭けた大一番の清瀬バリアント戦なので、しっかりと準備してチャレンジャー精神で挑みたいと思います。

181008中学1年生〜3年生TリーグvsTCU 【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

T3リーグ後期 第5節

vsTCU

@清瀬内山グラウンド

今節は、選手個々のコンディションがバラバラである中で迎えた一戦となりました。

4節を終えて4連勝と良い流れでここまで来れていますが、どこでつまづくか分からないため、絶対に油断をしないように!と伝えました。

前日の練習試合では、簡単なシュートミスが多過ぎて、ゴールへのイメージを忘れていかのようだったので、試合前は『ペナルティエリア内では、冷静さを保つように!』と伝えました。

前半、その心配は的中しました。

決定的な場面を数回迎えましたが1点しか決めきれず、我慢の試合になりました。

ハーフタイムでは『後ろの選手はイライラせず、前の選手が決めきるのを信じて失点しないよう、集中を切らさないようにして欲しい。』と伝えました。

すると後半早々に追加点が奪え、チームは精神的に余裕が生まれ、その影響もあり更に追加点を奪う事が出来ました。

最初からそのスタンスでプレーが出来ていれば、もっと追加点は取れたと感じました。

しかし、失点は0点だったので選手たちには及第点の内容であった事を伝えました。

次節は、強豪の三鷹中なのでコンディションを更に上げ、修正点を改善して挑みたいと思います。

181007中学1年生〜3年生TRMvsKSCウェルネス・アミーゴ【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

vsKSCウェルネス、アミーゴ

@大原グラウンド

ジュニアユースは、3週間ぶりに対外試合を行いました。

その間、試験休みや雨天中止が続いていたので、先ずはコンディションとゲーム感を戻すことを優先しました。

試合は、25分×1本形式で三つ巴で行いました。当日は、残暑の影響で暑くなり1本行っただけで選手達はとても疲弊しました。

体力が低下すると当然ミスが多くなり守備をする時間が増え更に疲れてしまう悪循環に陥るので、全体的なアドバイスとしてポジショニングの準備を早くして余裕を持ってボールを受けられるようにしよう!と伝えました。

すると本数を重ねるうちに体が動くようになり、イージーミスの回数は減りました。

ただ、ゲーム感は戻っていないのかシュートミスは頻繁に起こりました。

翌日の公式戦で決められるように、ミスの原因を突き詰めて欲しいと思います。

そして、良い雰囲気で試合を迎えて欲しいと思います。

181014小学1年生善行会杯【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

朝夕はめっきりと冷え込むような季節となりましたが、週末の戸山グラウンドでは熱戦が繰り広げられています。

10月14日日曜日、戸山グラウンドでは善行会杯が行われました。

アトレチコ新宿は一年生の部で出場しており、決勝トーナメント進出をかけて予選ラウンド最後の3試合を戦いました。

1試合目

相手は落一ドリームス。

攻撃面では日々練習しているドリブルで前進することをテーマに掲げ臨みました。

選手たちは前半最初から積極的に自分から仕掛けて試合の主導権を握ることができました。その結果前半開始早々一点を先制することができました。

しかし、その後膠着状態が続きました。

守備面ではボールよりも戻って前向きで守備すること、抜かれても粘り強く守備することを掲げました。その結果、後半

1失点したものの2対1で守りきることができました。

2試合目

相手はOCHISAN SC。

1試合目終了後から30分しか空いていなかったのもあり選手交代を多用しましたが、1試合目出ることの出来なかった選手もその日1日のテーマを意識してプレーすることができていました。その結果1対0で勝利することができました。

3試合目

戸山SC。

お互いがグループステージ全勝同士の首位決戦でした。1試合目、2試合を通し浮き彫りとなった相手のマークのつき方という課題を意識しプレーすることを掲げましたが、前半開始早々から失点を重ねてしまいました。

結果的に5失点してしまい敗戦となりましたが、選手たちは試合終了のホイッスルまで諦めずゴールを目指していました。

最後まで諦めないということは高学年になっても、中学生になっても、高校生になってもどのカテゴリーにおいても最重要なことであり、敗戦は惜しかったもののとても貴重な経験ができたことと思います。

最終戦で敗戦したことで2位となってしまったものの、グループステージ通過を決めることができたので、戸山SC戦で経験した悔しさを決勝トーナメントでぶつけられるよう日々の練習を頑張っていきましょう。

善行会杯

では毎週の四谷小学校、南元町公園の練習では得られない体験を選手たちは経験しています。

時間通りに行動すること、荷物の整理、管理をすること、そのために自分の行動だけでなくチームメイトの行動も気にして協力すること。それ以外にもたくさんのことがありますが、選手たちのグループステージの頑張りで決勝トーナメント進出を勝ち取ったことによりそのような貴重な経験をまた得られることになりました。

結果はもちろん前回よりも質の高い行動を送れるよう頑張っていきましょう。

リサイクルチャレンジページ更新!【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

兼ねてから設置しておりますリサイクルチャレンジページに、新しい投稿があります!

ぜひご覧ください。

また、皆さまのお手元にもまだまだ有効活用出来るものがありましたらぜひ、

リサイクルチャレンジページをご活用ください。

(投稿方法に自信がないという場合は、チームまで(cashinjuku@gmail.com)お気軽にご連絡ください。)