180902小学3年生〜4年生TRMvsSKFC【東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング】

この日は朝から雨、そして気温も冷え込んでいましたが、新宿ここから広場SKFCさんと練習試合を行いました。

小学4年生がメインの中、3年生も数名帯同してもらってのチーム編成。

9時集合でしたが、8:55には自分たちで円陣を組み正にスタートを切っていました。

ウォーミングアップから自分たちで行い、チーム一丸とボールタッチを確認していました。

アップについて

試合前のウォーミングアップ、その数十分間で、ボール扱いが劇的に向上する事はありません

ではなぜ試合前にボールタッチを行うのか。それは、日頃の感覚とのギャップを確認する為です。

日頃と同じタッチをしたつもりでも、止まらない・蹴れない。

日頃と同じアクションでも、動けない・身体が重い。

これがいわゆるコンディションです。

今日の自分は、日頃の自分と比べどんな違いがあるのか。それを確認するのも、ウォーミングアップの目的の1つです。

身体が重く動かないのならばどの様なプレーで組み立てるのか

身体も軽くボールタッチも冴えてるならばどの様なプレーで組み立てるのか

こういった視点も今後は身に付けて行きたいと考えています。

試合

夏前まで取り組んでいた縦のバランスから、合宿以降は横のバランスにチャレンジをステップアップしトレーニングしています。この日も同じテーマで挑みました。

それだけでなく、チャレカバの打開・リズムの変化(ドリとシンプルプレーのバランス)、と各人に合わせた目標も同時に追いかけました。

各々に自分の特徴・武器を意識したトライがみられた事はとても良かったと思います。

まだまだ一生懸命が先立ち、冷静さを持った(騙しと工夫へのトライ)ボール保持は少ないですが、ここは今週からのトレーニングで修正して行きましょう。

チームとしてのトライでは、

  • ランニングのタイミングとコース
  • 1stタッチでの視野の展開ショートリセットでの組立て

と、ペナ外を効果的に活かそうとするチャレンジも多く観られ収穫が多い1日となりました。

課題

守備でもほとんどの時間帯で狙いの奪い方が出来ていたと感じます。

  • 足元に納められてからの対応
  • そもそも納めさせない守備改善

は、ゲーム中に変化がみられました。

帯同していた3年生に、「前向きをキープするだけのポジショニング、「マーク」の考え方」に曖昧さがみられた事も大きな課題です。

とても良い内容の中、更なる飛躍に向けた課題を実感出来た事は、皆の積極的な良いトライあってこそ、その跳ね返りだと感じます。

その場の体験だけで終わることなく、今週からの練習にも活かし、ぜひ経験に仕上げて行こう!

サポーターの皆様

雨中の中、傘をさしながらレインコートを着ながらのお見守りありがとうございました。

日々、心強くも感謝です。

いよいよ2学期も本格始動です。今期も引続き、叱咤激励あるサポートをどうぞよろしくお願い致します。

180826中学1年生〜3年生Tリーグvs練馬中

T3リーグ後期第2節は、尽性園グラウンドで行われました。

当日

猛暑となり同会場で行われる予定の2試合が熱中症対策のため中止になり、本試合の開催も危ぶまれましたが夕刻のキックオフで気温も下がったため予定通り実施されました。

夏休み期間中

3年生が塾や夏期講習を受講する選手が多く、遠征と合宿、また普段の練習に参加した選手・しなかった選手で大きくコンディションで差があり、スタートの選手も数名変更になりました。

試合

開始早々に左サイドを突破するとクロスをペナルティエリア内で上手く合わせて先取点を奪いました。

しかし、その後は数々の決定機を外し追加点を奪えませんでした。

前期のTリーグでは、決定機をことごとく外して勝てなかったり引き分けになってしまう試合が多くて上位リーグに進めなかったので、後期ではその反省を活かしてしっかり決めて欲しいと考えました。

前半の残り10分くらいに追加点を奪うと、それからは精神的にリラックスも出来て4-0でハーフタイムを迎えました。

後半は、メンバーも大幅に入れ替えて『より積極的に前線からボールを奪いに行こう!』と伝えました。

後半から出場した選手は、体力的にアドバンテージがあるのでアグレッシブに戦えました。

後半のスコアは6-0、トータル10-0で勝利することが出来ました。

結果以上に

内容の方もボールをしっかり繋ぎながらゴールを目指す姿勢を感じられたので、良い内容でした。

次節は、U-14大会2次リーグで対戦し勝利した東京・小山FCなので、リベンジされないように最初から最後まで集中して戦いたいと思います。

東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング

180901小3新宿区大会vsFC OCHISAN

新宿区大会、その2回戦が行われました。

今回は「現状」を見直すとても良い機会となったと感じます。

試合前

コーチ陣は前審判に入り、間際の時間は「自分たち」だけ、となりました。

準備はどうだったでしょうか。

身体を温めるだけでなく、チームの士気も温める。それがウォーミングアップの目的です。

その為にはファイトは「伝える・受取る」という作業が必須です。

  • リーダーシップを発揮し、火付け役となったのは?
  • それを受取る・応える、一丸とし皆で燃え上がらせる為には??

この2点は、今後色々な経験(感情の共有)を持って、皆で気付いていくべき課題となったかと思います。

試合展開

立ち上がりから、OCHISANの縦に速く力強いサッカーに押し込まれました。

この試合の「やるべき」は明確で、相手の特徴である速く強くのサッカーを消すこと。

その為には、

  1. 蹴らせない
  2. 飛んできたボールは跳ね返す

の2要素が不可欠でした。自分たちのサッカー・プレーをもう一度振り返ってみよう。

球際のファイトに恐れず、きちんと競り合えたか・ヘディング出来たか。

「どこを誰が蓋をするのか」が明確だったか。明確でなければ、どういった修正方法があったのか。

今回のゲームに限らず、上記2要素は守備の基本です。1キックを連続するスポーツであるサッカー、そのキックは

  1. 素速い蓋の連続で発射させない(ハイプレス)
  2. 網の目を掻い潜り発射されたボールは受け取らせない(インターセプト)
  3. 万が一に備えカバーリングを機能させる

この3重策を、1日でも速くチームに浸透させて行きましょう。

  • 攻撃

  • 攻撃に関しても、伸びしろを残すチャレンジとなりました。
    相手の寄せに対し、自信を持った「ボール保持・前進・観る」は創れず、結果的に狙いのないサッカーが終始しました。
    「やろうとしたのか?工夫があったのか?」から見直す必要があると感じます。今週の練習でレベルアップして行こう。

  • 敗ける経験

  • これも成長の為には重要な経験です。
    今回の敗戦は、いくつかの課題が明確になったものの、その根っこを突き詰めると、
    「誰かに頼ってきたその跳ね返り」と感じます。
    自分がヘディングを恐れても、誰かが助けてくれる。
    自分が勇気を持ってボールを運ばなくても、誰かが打開してくれる。
    助け合い力を合わせる事は重要です。が、「頼る」と「助け合う」はきちんと区別する必要があります。
    今後のチーム力向上に繋げて行こう

  • サポーターの皆様

  • 本日もありがとうございました。
    山あり谷ありを経ながら、壁にぶつかりながらも選手たちは成長して行きます。
    選手たちの一喜一憂は大事に。
    「見守る側の一喜は大きく、一憂は小さく」の姿勢で、ドッシリと安心感を持った「選手たちの後押し」を、共にして行けたらと考えております。
    どうぞよろしくお願い致します。

  • 東京都・新宿・千代田・サッカー・小学生・中学生・クラブチーム・チーム・スクール・ジュニアユース・チア・チアダンス・チアリーディング