170723中学1年生〜3年生TRMvs杉並FC

今日は、杉並FCジュニアユース大原Gで練習試合がありました。

テーマ

今日のテーマは前線からプレッシャーをかける。これを徹底しました。
アシストダービーマッチということもあり選手達はいつもより集中してアップに取り組んでいました。

内容

一本目から熱い試合になりました。
押し込まれる場面が多くなってきた場面では、アトレチコのDF、GKが体を張って防いでくれました。
逆にこちらもチャンスがあったものの決めきれず一本目を0-0に終えました。
ハーフタイムに少し興奮状態になっていたので1回落ち着かせてから2本目の選手を送り出しました。
2-3本目も集中を切らさず全員で声を掛け合っていました。
チャンスを作るものの決めきれず0-0で終了。
4本目にはいる前選手達の勝ちたいという気持ちが強くコーチには伝わってきました。
1本目からかなり走ってきた選手達でしたが、バテることなく戦い続けましたが結果は0-1と負けてしまいました。

成果

結果は負けてしまいましたが、いい雰囲気で試合が出来た事・ファイター性をしっかりとパフォーマンスできた事は大きな成果とコーチは思います。
後は、しっかりと狙ってシュートを打ちましょう。パワーよりも精度です。
今週の試合に向け、引き続きトレーニングをして行きましょう。
本日も応援ありがとうございました。

170727中学1年生〜3年生TR

本日クラブアトレチコ新宿I.P.D.中学生は、大原グランドにて活動しました。
比較的涼しい中、新宿区•千代田区•目黒区•大田区から集結です。

•ボールフィーリング
•様々な設定での3対3

から、切替•守備の確認を行いました。​​​​

​​

170723小学3年生〜4年生金田杯FMvs落四SC

本日クラブアトレチコ新宿I.P.D.小学3年生〜4年生は、金田杯フレンドリーマッチvs落四戦でした。
前回の金田杯決勝Tでは、惜しくも新宿FCにPK戦で敗れたため今回はフレンドリーマッチでした。
先日の練習試合では新宿FCには勝っていただけあり悔しいですね。

試合の位置付け

4年生、3年生が6人ずつだったこともあり、前半は4年主体、後半は3年主体で試合をすることに決めました。
各学年ミーティングをすることで選手達のモチベーションが高まり、ウォーミングアップに臨むことができていました。
クラブアトレチコ新宿I.P.D.の練習では、常に「協力・競そう」要素を組込み、実感し易い成功体験を目指しています。
その為にも、チャレンジが見られたら認め、実践を続けてもらうことを意識しています。

WUP

ウォーミングアップの段階では普段の練習の確認をするなかで集中の糸が途切れないよう選手一人一人に声をかけ、試合にむけモチベーションを高めていきました。

前半戦:4年生

前半が始まると4年生ということもあり、相手をパワーとスピードで圧倒しました。
前半の最初に相手を圧倒することで流れをアトレに持ってくることができました。途中からはサイドチェンジのチャレンジを数多く見ることができていました。トラップミスなどのイージーなミスが多少目立ったものの結果、内容ともに素晴らしいできだったと思います。

後半戦:3年生

後半は3年生主体ということでスピード、パワーよりもテクニックで相手を翻弄しました。
無理に攻めることはせず、自陣でキーパーも含めてパスを回し、チャンスだと思ったら攻めるという練習で身につけたことを積極的にチャレンジしようという姿勢が見られました。

今後に向け

結果は前半3-0後半1-0計4-0で勝つことが出来ました。ほとんどの選手が落ち着いてプレーできるようになってきました。
その中でも仲間の選手を気遣える人や声をかけられる人が増えてきて全ての選手が声をかけサッカーをすることができるようになればアトレは勝てるチームになると思います。
今日はその前兆が見えたと感じました。
ベンチ、フィールド関係なく大きな声を出しながら全員で試合に挑む姿勢を大切にし、これからも挑戦し続けたいとおもいます。

サポーターの皆様

サポーターの皆様いつも応援、支援ありがとうございます。
この暑い中選手が100%の力を出し切ることが出来るのも、サポーターの皆様のおかげだと思っています。
選手のためにこれからもどうぞよろしくお願い致します。

170715・16中学生Tリーグvsプログレッソ・練馬FC

vsプログレッソ

この試合から、Tリーグの後期がスタートしました。
前期は、全敗してしまい昇格の可能性が無くなってしまったのですが、気持ちを
切り替えて選手達は挑みました。また、この試合から檜山が公式戦に復帰しました。

勝利を目指す中で 『絶対に勝てるフォーメーション』『絶対に勝てるシステム』『絶対に勝てる戦術』は無い
と選手に伝え、個々で戦う意識を持ってもらいたい一戦でした。
しかし、開始数分後に先制点を奪われ2点目を取られるといつもと同じように失点を重ねてしまいました。
二日後に、試合があるので個々の守備の激しさを求めて挑みたいと思います。

vs練馬FC

前節では大敗して改善点を分析しました。
足りない部分は、個々の守備力と守備のポジショニングでした。
また、ボールを奪った後の攻撃が殆ど機能していなかったので、その点も修正を行いました。
戦い方については、コンセプトを変えて挑み若干良くなったがやはり、先に失点をしてしまい自信を失ってしまうので、それから攻勢に転じるのが難しいので、チームの最大の課題は『先制点を取られない』ことに尽きます。
次節では、なんとしても勝ち点を得たいので、戦える集団になるべくハードワークを惜しまない集団になれるように皆で突き詰めていきたいと思います。

170716小学3年生〜4年生TRMvs新宿FC

久し振りに雨が降りました。それに伴い涼しくなってくれるかと思いましたが相変わらずの暑さと湿気の中、クラブアトレチコ新宿I.P.D.小学3年生〜4年生は、練習試合を行いました。
対戦は、新宿FC新宿ここ・から広場で行いました。

試合の入り

朝が早かったためかポーッとしている選手がちらほらいたため、ウォーミングアップはシュートやミニゲームなど体を動かすメニューを多めに入れ調整しました。

試合内容

1試合目

システム2-3-2で行いました。
このシステムは攻撃の人数を増やす分、サイドの深い所が薄くなるシステムです。
そのためサイド突破やディフェンスの間を狙われてしまい失点を許してしまうシーンがありました。

2試合目

センターハーフが積極的にドリブル突破を仕掛けることで得点シーンを見ることができました。
消極的になってしまった1試合目を修正する形となり、快勝です。

3試合目

ここからは、システムを3-3-1に変え、やり慣れた戦いを進めました。
守備が安定したことにより、攻撃に繋がり得点シーンを多く見ることができました。
また、フォワードは、「オフサイドラインに乗る事」=相手のCDFの横に立つことを意識させました。
相手最終ラインを張り付ける事・キーパーから即座に前線にフィードすることで有利な人数差でプレーすることができ、さらに選手達のモチベーションが上がりました。
ボールを大事にする事・チャンスを見極める事、どちらも使いこなし、ゴールを決めるという本質を数多く創り出して行きましょう。

4試合目

普段あまりシュートを打たない子が決めるシーンがありました。積極的にプレーをすることで結果がついてくることを実感できたのではないかと思います。

5試合目以降

ここからはシステムを2-3-2に戻しました。
ディフェンスの横に立つことができない時間が多かったため攻めきることができませんでした。
6試合目でも普段あまりシュートを打たない子(別の子)がシュートを決めるシーンがありました。しかもダイレクトミドルシュートでした。
あのミドルシュートが打ち切れたのも、相手のディフェンスの横に立ち、積極的にラインを押し込んだ結果創り出せた得点シーンだと思います。
最後の試合では積極性のある人が試合に出てと伝えたら全員が走って自分のポジションに行くという積極性を見ることができました。

積極性

今日の全試合を通して積極性という新たな成長を見ることができたと思います。家でもたくさん褒めてあげてください。
そうすることで自信にも繋がると思います。

サポーターの皆様

いつも応援ありがとうございます。またスポーツドリンクを差し入れてくださりありがとうございます。
これからどんどん暑くなり熱中症なども心配になるかと思います。
飲み物休憩は練習でも多く取るのでたくさんの飲み物をもたせてあげてください。今後ともよろしくお願いします。

170715小学4〜5年生SJリーグvs落一SC

今回のSJリーグは、6年生が7ブロックの公式戦に出場のため不在の中、戦うことになりました。

試合に向け

暑さに負けず、試合前のウォーミングアップでは3年生から5年生まで、雰囲気良くできていました。
ただ、声を積極的にかける人=発信者が限られてしまうと、次第にチームの雰囲気がしぼんでいってしまうという話が、コーチからあったと思います。
掛け声に答えるとともに、自分の言葉で他の選手、仲間たちに語り掛けてみると、自然と心が軽くなっていくでしょう。
暑さのせいでげんなりしがちな今だからこそ、「声」は大きな力を発揮してくれます。

準備

試合開始が遅れたこともあり、ウォーミングアップの時間が増えたため、いつも以上に戦略確認のためのミーティングに力を入れられました。
最近は、練習のためにフォーメーションをディフェンス2人、ミッドフィルダー4人、そしてトップが1人の2-4-1システムにしています。
守備から攻撃への切り替えを素早く行えるという特長のあるシステムですが、試合本番はどうだったでしょうか。

試合

前半、相手のトップの選手にうまくディフェンスラインの背後を取られ失点。
さらにフリーキックからも得点を決められました。身体能力と技術力の高い新宿区でも随一の選手なので、ある程度は仕方のなかったことだとは思いますが、ディフェンスラインの選手間の隙間を空けない、といった当たり前のことができていたかどうか、選手のみんなには振り返ってほしいと思います。
攻撃は、ほとんどできませんでした。
これも、中盤ライン、特に両サイドの選手がいかに早く広いスペースでパスを受けられるかが重要ですが、コートがいつもより広いこともあり、間に合わないうちに相手に取られるということがしばしばありました。
ウォーミングアップの時も言ったように、ボールが転がっているうちに、どこに来るか、どこに出してほしいか、イメージを持っていないと攻撃に転じることは難しくなります。
このゲームでは、さらなる失点はなかったものの、攻撃に関するこういった意識付けができず、苦戦しました。コーチも反省です。
とはいえ、5年生も決して多くなく、3年生も出場している中で、よく頑張ったという話は試合後にしました。自信を持ってほしいとともに、現状に甘んじることなく、ますます精進していきましょう!

サポーターの皆様

サポーターのみなさま、今回も暑い中お越しいただきありがとうございました。
まだ7月ということで、8月が思いやられますが、選手たちとともに夏を乗り切っていければと思います。次節もよろしくお願いいたします。

170709中学生TRMvs武蔵高校付属中

クラブアトレチコ新宿I.P.D.中学生は、都立武蔵高校付属中との練習試合を行いました。

復帰

猛暑の中、TMを行いました。
前回の対戦は、僅差で負けてしまい悔しい敗戦でしたが、今回は気持ちを新たに内容と勝ちにこだわり戦いました。
この試合から檜山が戦列に復帰しました。体調面を100%に戻すには、多くの労力と時間が必要になりますが、
選手・スタッフ一同で彼をサポートしたいと思います。

内容

さて、試合結果の方ですが1本目・2本目共に最終ラインでのビルドで相手にボールを
奪われてしまい、それぞれあっさりと失点してしまいました。ですが、この日の自分達のパフォーマンスはいつもと違います。
相手の最終ラインの背後を積極的に狙ったり、サイドチェンジにトライするなど、成長の一端を感じました。
前線の選手もしっかり点を取れてたので、15日の試合で結果が出せるように皆で全力を尽くします。

170709小学1〜2年生TRMvs湯島SC

クラブアトレチコ新宿I.P.D.小学1〜2年生は、湯島SCさんと練習試合を行いました。

WUP

集合は16時とだいぶゆっくりに設定されていました。しかし、この時間からのおかげで涼しい中サッカーをすることができました。
ウォーミングアップは、限られた時間しかありませんでしたがキックの練習を行いました。
サッカーにおいてとても重要なキックの練習を行い、チームの士気が高まりました。

内容

本日のテーマである攻撃はスペースから前進、守備は前に出ながら奪うの元、試合を進めました。
先制点を奪われてしまうものの、もちまえの粘り強さで逆転勝利をおさめることができましたが、選手から元気な声が聞こえてきません。
暑さに負けてしまっているのか、疲れが溜まっているのか分かりませんが、元気の無い選手が数名いました。
しかし、後半になるにつれ選手に元気が戻ってきました。
同じアトレチコのチームメイトが声をかけていました。ここもアトレチコのいいところ。
自分だけの殻にこもらず、仲間と共に戦う。全員で戦おうという姿勢から徐々に元気を取り戻していきました。
この様子を見て、アトレチコの選手には本当に関心しました。

コーチ一同、選手の頑張りを無駄にせず日々頑張っていきます!
サポーターのみなさま、今後とも熱い応援のほどよろしくお願い致します!